一流の講師とは?

予備校・学校を選ぶ際に皆さんにとって選ぶ基準は何でしょうか?

予備校・学校の知名度・雰囲気・カリキュラムなんかも大事ですが、やはり1番は講師ではないでしょうか?講師の善し悪しや相性で合格・不合格は変わります。講師を見るためにも体験授業は欠かせないですね。

では大手予備校にとって一流の講師とはどんな講師でしょうか?

・教えるのが上手い講師(話し上手)
・合格させる講師
・その他

さて、どれでしょうか?三択です!

教えるのが上手い講師(話し上手)は一流?

不正解、残念

というか教えるのが上手い講師は二流にすら入りません。三流くらいですかね。

ある講師はとても人気が高く生徒からも信頼されています。話しとても上手でおもしろく毎年その人の講義を聞きに来る人もいるくらいです。

大問題の文章です

そもそもなぜ高いお金を払って予備校に来るのですか?合格するためです。楽しい漫談を聞くのではありません。ましてや毎年来るってそれってその人は毎年不合格になっているってことですよね・・・

本当に上手い講師は変な人が多いです。教室で分かったつもりになるおもしろい講義ではありませんが、自宅で問題を解いている時にどんどん理解できます。本試験中にはその人の言葉が降りてきて正解まで導いてくれます。

合格させる講師は一流?

私は合格させる講師は一流だと思います。

お客様の大切なお金と大切な時間を頂いているわけですから合格させなければいけません。私はお客様との関係はその資格においては1年だと考えています。もちろん別の資格を取りたい、たまに教室に遊びにきて話したいなんてのは大歓迎です。

でも講師と受講生の関係は1年です。なぜなら1回で合格してもらうからです。その後はぜひその資格を磨いて自分の仕事・家庭でどんどん発展させてほしいと思います。

しかし大手予備校では違います。

大手予備校にとって一流の講師とは?

契約を取る講師です。

ある大手予備校では簿記3級を習いに行ったのに1ヶ月後には税理士簿記論のコースに契約していたなんて良く聞きます。

3級取ったら2級も一緒に取るって考えているでしょう?それだけ取るなら簿記最高峰の税理士簿記論もどうですか?今申込んで頂けると半額にしますよ。もし3級が不合格になってもこの契約で振り込んだお金を充当できますので安心です。

なんてセールストークをするわけです。受講生も何度か会って緊張もほぐれ信頼もしてきていますからそれなら是非ってなるわけです。だから大手予備校の一流講師は教室で講義しません。必要なときに出て行って契約を取って終わりです。

最近、福岡の「本気になったら〇〇」が講師の大量解雇に踏み切りました。正確には非常勤講師の賃金を半額程度にして辞めざるを得ない状況を作ったのです。ここは昔は質の高い講師がたくさんいて私も自分のやっていない講座を紹介したりしていたのですが、最近は学校長が変わったり良い評判が少なくなってきたなって感じていたころでした。

そしてあろうことか講義の1つをビデオ講義に変えました。契約の取れない講師はビデオ講義で十分って意味でしょうか?ビデオ講義なんて通信講座で十分ですからそれに利便性の高い場所の自習室が付き知名度が付いた程度であんな値段を取るなんて考えられません。

講義とは対話です。例え言葉を発していなくても講師と生徒は対話しています。教室によって内容もスピードも変えます。それが講義です。

ビデオ講義や質の悪い講師に習うくらいなら通信講座の方が断然いいです。

もちろん良い講座・良い予備校もたくさんあります。みなさんは悪い予備校に騙されないようにして下さいね。

合格にトドメを刺す【資格の必殺仕事人】田中 幸史郎

SNSでも購読できます。