宅建の合格点

資格の事をもっと知りたい。宅地建物取引士【1】

宅建の合格点の秘密を知れば宅建合格へ1歩近づく!

宅建の合格点って何点くらい?

宅建の合格点は平成28年~平成13年では31点~36点で推移しています。

よく言われるのが36点取れば安心だから、宅建の本試験での目標点は36点になるということです。

宅建の合格点 年度別

平成28年 35点

平成27年 31点

平成26年 32点

平成25年 33点

平成24年 33点

平成23年 36点

平成22年 36点

平成21年 33点

平成20年 33点

平成19年 35点

平成18年 34点

平成17年 33点

平成16年 32点

平成15年 35点

平成14年 36点

平成13年 34点

宅建の合格点 点数別

36点 平成23年、平成22年、平成14年

35点 平成28年、平成19年、平成15年

34点 平成18年、平成13年

33点 平成25年、平成24年、平成21年、平成20年、平成17年

32点 平成26年、平成16年

31点 平成27年

宅建の合格点は毎回なぜ変わるの?

宅建の合格基準は合格点ではなく合格率だからです。

受験者の上位15%の者が合格します。

宅建の合格率は約15%で、平成28年~平成13年では15%を下回った年度はありません。

逆に17%程度まで上昇するときはあります。これは32点:14%。33点:17%になったときは宅建の合格点を34点にして合格率を15%よりも上回らせるからです。

宅建の合格点が変わる事は受験者に影響があるの?

宅建の合格点は受験者には基本的に影響がありません。

なぜなら合格率で決まっている以上、大事になってくるのは他の受験者が何点くらい取るかであり合格点が何点になるかではないからです。

また宅建の受験者のレベルはほとんど変わっていません。ですから宅建の合格点は試験内容が難しいときには下がり、簡単なときには上がるというその年の難易度の目安でしかないのです。

宅建の合格点が受験者に影響があるとしたら・・・

宅建の合格点が受験者に影響があるときは、難易度が高く合格点が低いときです。

宅建試験には5点免除の制度がありますから受験者の中には問46~問50を解かないうえにこの5問は全て正解として扱っていもらっている者がいるからです。

例えば合格点が36点のときは

一般受験者:36点/50問

5点免除者:31点/45問

となります。5点免除者も30点以上取らなければいけませんので大変なのは変わりません。

しかし

合格点が31点のときは

一般受験者:31点/50問

5点免除者:26点/45問

となります。宅建試験は宅建業法が20問、法令制限が8問あります。したがって5点免除者の中にはこの2科目に絞り権利関係等は捨てて合格する人がいます。このときは影響があると言えるでしょう。

では5点免除者は試験に大幅に有利であるのでしょうか?

5点免除者の合格率は25%程度と一般受験者よりも高いですが、5点免除者は宅建業者の社員しかなれないため基本的に勉強しない人が多いです。

また一般受験者も5点免除の場所は3~4点は少しの勉強時間でとれるためそれ程差があるとも言えません。

受かる実力があるものが合格をする。5点免除はお守りのようなものと言うのが講師たちの認識です。

※そうは言っても私は5点免除が取れる資格があるのであれば取る事をおススメしています。その何点かで合否を分けた人を何人も知っているからです。

宅建の合格点に振り回されない勉強を!

では、なぜ宅建の合格点を受験者はことさらに気を付けるのでしょうか?

それは本試験終了後、合格発表までの間は受験者は合格点が何点あるかが非常に気になります。なぜなら33点の者が、その年の合格点が33点なら合格で34点なら不合格になるからです。

宅建の合格点が31~36点で推移している以上、31点以上取っている者は合格の可能性があります。ですからそれらの者にとっては合格点は非常に重要になるのです。

私は33点の年に38点で合格しましたが、やはり合格発表までは不安でした。

ではどうしたら良いのか?簡単です。36点取りましょう。いや40点取りましょう。

点数別の受験者のレベルは、以下になります。

40点以上:どんな難易度の試験でも合格できる。

36点以上:合格する力は十分にあるが、試験の日の運や体調で100人に1人くらい落ちる

31点以上:合格する力はあるが、試験の日の運も重要になる。逆に言えば、確実に合格する力はない。

30点以下:合格する力はない。どんな簡単な試験でもほぼ不合格になる。

試験終了後に安心して合格発表を待ちたいのであれば40点以上取る実力を付けておきましょう。

合格にトドメを刺す【資格の必殺仕事人】田中 幸史郎

SNSでも購読できます。