小口現金

小口現金(資産)

営業部の社員が取引先に行くための電車代を支払ったり、事務で必要な文房具を買うために、いちいち経理部に現金をもらいにいくのは面倒。そこで、通常、日々生じる細かい支払いに備えて、各部署や各課に少額の現金(小口現金)を手渡しておく。

⇒各部署や各課で小口現金を管理する人を小口現金係という。

⇒定額資金前渡法(インプレスト・システム) :会計係は、一定期間(1週間や1カ月)後に小口現金係から何にいくら使ったかの報告を受け、使った分だけ小口現金を補給する。

小口現金を考えるときは、経理の気持ちで考える。経理は小口現金係りに現金を渡しても、小口現金係りから何に使ったかの報告を受けるまでは小口現金を返してもらえると思っている。すなわち後からお金を増やすものであるので、資産である。

⇒小口現金係りがお金を支払っても、経理に報告しなければ仕訳はしない。

⇒小口現金係りが経理に報告したときに、経理は小口現金が使われ小口現金が返金できない事をしるため、小口現金を減らしそれぞれの勘定科目を相手科目に入れる。

⇒その後、経理は小口現金を補給するが、この仕訳は最初に小口現金を渡すときと同様の処理である。

小口現金の仕訳

定額資金前渡法を採用し、小口現金500円を、小切手を振り出して小口現金係に渡した。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

資産の減少

小口現金

500

当座預金

500

小口現金係が文房具代(消耗品費) 100円とお茶菓子代(雑費) 200円を小口現金で支払った。

借方(左側)

貸方(右側)

仕訳なし

仕訳なし

小口現金係より、文房具代(消耗品費) 100円とお茶菓子代(雑費)200円を小口現金で支払ったという報告を受けた。なお、小口現金係に前渡ししている金額は500円である。

借方(左側)

貸方(右側)

費用の発生

資産の減少

消耗品費

雑費

100

200

小口現金

300

先週の小口現金係の支払報告に基づいて、小口現金300円を小切手を振り出して補給した。なお、当店は定額資金前渡法を採用しており、小口現金として500円を前渡ししている。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

資産の減少

小口現金

300

当座預金

300

小口現金の補給は、支払報告を受けたときに、ただちに行うとき

借方(左側)

貸方(右側)

費用の発生

資産の減少

消耗品費

雑費

100

200

当座預金

300

SNSでも購読できます。