商品売買

現金(資産)

お金そのものであり会社の財産なので資産である。

商品(資産)

商品売買の仕訳方法は、「商品・売却益(損)」を使う分記法と「仕入・売上」を使う三分法がある。

分記法では、仕入れたお店の売り物のことを商品と言う。商品は売ればお金に変わるので資産である。

商品売買益(収益)

分記法で、商品が売れたときに仕入れたときに払った金額よりも売れてもらった金額が多かったときには、利益が発生する。この差額の事を商品売買益と言い、利益のプラス(もうけ)なので収益である。

分記法の仕訳

商品100円を仕入れ、代金は現金で支払った。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

資産の減少

商品

100

現金

100

       

先日100円で仕入れてきた商品を150円で売り上げ、現金150円を受け取った。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

資産の減少・収益の発生

現金

150

商品

商品売買益

100

50

       

 

差額が収益

 

仕入(費用)

商品売買の仕訳方法は、「商品・売却益(損)」を使う分記法と「仕入・売上」を使う三分法がある。

⇒分記法は売れた商品の価格や利益が取引の都度記録されるため分かりやすいが、大量の商品数があるお店では仕訳の度に一つ一つの商品の価格を調べるのが手間であるため、三分法がある。

⇒簿記3級では、基本的に三分法を使う。

三分法では、商品を仕入れたときは、仕入という勘定科目で処理する。仕入は利益のマイナス(もうけるために使ってなくなったお金)なので費用である。

売上(収益)

三分法で処理する場合は、売り上げたときは売価で売上(収益)を計上するだけなので、手間がかからない。売上は、利益のプラス(もうけ)なので収益である。

三分法の仕訳

商品100円を仕入れ、代金は現金で支払った。

借方(左側)

貸方(右側)

費用の発生

資産の減少

仕入

100

現金

100

       

先日100円で仕入れてきた商品を150円で売り上げ、現金150円を受け取った。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

収益の発生

現金

150

売上

150

       

 

差額ではなく売価

 

買掛金(負債)

商品の代金をあとで支払う(売上げの場合は代金をあとで受け取る) ことを掛けという。

商品を仕入れて、代金を掛け(後払い)とした場合は買掛金という。買掛金は、後からお金を減らすので負債である。

売掛金(資産)

商品を売り上げて、代金を掛け(あとで受け取る)とした場合は売掛金という。売掛金は、後からお金を増やすので資産である。

買掛金・売掛金の仕訳

商品100円を仕入先から仕入れ、代金は掛けとした。

借方(左側)

貸方(右側)

費用の発生

負債の増加

仕入

100

買掛金

100

       

商品150円を得意先に売り上げ、代金は掛けとした。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

収益の発生

売掛金

150

売上

150

       

返品・値引:逆仕訳

逆仕訳とは、事前に行われた仕訳の借方・貸方を逆にした仕訳をすること。仕訳は、ホームポジションの逆にすると勘定科目は減るという性質があるため、勘定科目は打ち消されることになる。

返品は、商品を返すことをいい、いったん仕入れた商品を仕入先に返品することを仕入戻し、いったん売り上げた商品が得意先から返品されることを売上戻りという。

値引は、仕商品に傷や汚れなどがあり、商品の代金をまけて(下げて) もらうことで、仕入をしたときの値引を仕入値引き、売り上げたときの値引を売上値引きという。

返品と値引の違い

返品と値引は逆仕訳をするということで、仕訳の段階ではおなじであるが、商品が返品された事で増加する返品と商品の数は変わらない値引きの違いがあり、商品有高帳への記載等で違いがでる。

返品・値引の仕訳

掛けで仕入れた商品100円 のうち10円を品違いのため、返品した。

借方(左側)

貸方(右側)

負債の減少

費用の減少

買掛金

100

仕入

100

       

掛けで仕入れた商品100円に少し傷がついていたため10円の値引きをしてもらった。

借方(左側)

貸方(右側)

負債の減少

費用の減少

買掛金

100

仕入

100

       

仕入諸掛り(当店負担):仕入に含める

商品を仕入れるときにかかった、運送会社に対する運賃や保険料などの費用を仕入諸掛りという。

⇒仕入諸掛りは商品の仕入れにかかった費用なので、商品の仕入原価に含めて処理します。

売上諸掛り(当店負担):発送費(費用)

商品を発送する際にかかった運送会社に対する運賃や保険料などの費用を売上諸掛りといい、売上諸掛りを当店が負担したときは、発送費として処理する。発送費は、利益のマイナス(もうけるために使ってなくなったお金)なので費用である。

仕入諸掛り・売上諸掛りの仕訳

商品100円を仕入れ代金は掛けとした。なお、引取運賃(当店負担) 10円を現金で支払った。

借方(左側)

貸方(右側)

費用の発生

負債の増加・資産の減少

仕入

110

買掛金

100

現金

10

商品150円を売り上げ、代金は掛けとした。なお、発送運賃(当店負担) 10円を現金で支払った。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加・費用の発生

収益の発生・資産の減少

売掛金

150

売上

150

発送費

10

現金

10

SNSでも購読できます。