仕訳を書く

仕訳

簿記で取引を記録する方法

⇒勘定科目と金額を記載する。簿記で取引を記録する方法

仕訳例:現金 10,000 / 売上 10,000

現金(勘定科目) 10,000(金額) / 売上(勘定科目) 10,000(金額)

 ⇒ / は借方(左側)と貸方(右側)を分ける線

取引の内容が分かるように決められた名称で、帳簿を見る人が混乱しないように統一されている。

⇒「売り上げ」は、「売上」と記入しなければならず、送り仮名はほとんどの勘定科目で削除される。

要素

勘定科目は、その性質によって資産・負債・純資産・費用・収益に分けられる。この要素によって、その勘定科目がどっちの場所(借方(左側)と貸方(右側))に書くかや、どっちの財務諸表(貸借対照表と損益計算書)に書くかが決定される。

⇒最初に全部覚える必要はないが、最終的には全て覚える。

資産

お店の財産。後からお金を増やしたり減らさなかったりするものも含む。

負債

お店の支払い義務。後からお金を減らしたり増やさなかったりするものも含む。

純資産

資産と負債の差額。他人の負債を支払った後に残る財産。

収益

商売で受取る収入。利益にとってプラス。

費用

商売に必要な支出。利益にとってマイナス。

要素のホームポジション

借方(左側)

貸方(右側)

資産:現金等

負債:借入金等

純資産:資本金等

費用:仕入等

収益:売上等

仕訳を書く

勘定科目の場所は、勘定科目の増減と関係する。勘定科目が増えたらその勘定科目の要素のホームポジションに、減ったら勘定科目の要素のホームポジションの逆の位置に記入する。

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

資産の減少

負債の減少

負債の増加

純資産の減少

純資産の増加

費用の発生(増加)

収益の発生(増加)

借方(左側)

貸方(右側)

資産の増加

収益の発生(増加)

現金

10,000

売上

10,000

仕訳は、勘定科目・要素の増減に照らして書くと、必ず借方と貸方に何かしらの勘定科目が入り、借方と貸方にある全ての勘定科目を足すと金額は一致する。

⇒一致するように仕訳をするのではなく、勘定科目を場所に置くと結果的に全て一致するようにする。

⇒勘定科目が3つ以上出てきて、借方と貸方が2行以上になる場合もあるし、借方が2行で貸方が1行のように借方と貸方の行数が対応しているわけでもない(最終的な金額が一致していれば、問題なし)。

仕訳を書く流れ

勘定科目と要素をしっかり理解して覚え、要素のホームポジションに従った流れで仕訳しましょう。

①取引内容(問題文)からどの勘定科目を使うか判断する。

②勘定科目の要素とその増減・発生、金額を判断する。

⇒勘定科目の要素には、資産・負債・純資産・費用・収益がある。

③勘定科目の要素のホームポジションと、増加・発生ならそのまま、減少なら逆の位置に置く。

⇒場所は借方(左側)と貸方(右側)がある。

④結果的に一致している事を確認する。

SNSでも購読できます。