簿記(簿記一巡)とは?

簿記とは?

モノを買う、売る、お金を貸す、借りるなど、日々お店が行った活動(取引) をメモ(記録)するものを簿記と言う。

⇒簿記により最終的なもうけ(利益)や財産を計算する(下記、表の作成が目的である)。

そんえきけいさんしょ

損益計算書

お店がいくら使っていくら儲けた(損した)のかという経営成績(利益(損失)の状況)明らかにした表

たいしゃくたいしょうひょう

貸借対照表

現金や預金、借金などがいくらあるのかという財政状態を明らかにした表

簿記一巡

簿記は連続した期間で行われるため、いつからいつまでの記録なのかという決める必要があります。これを会計期間と言い、通常は1年間です(お店によって1/1~12/31や4/1~3/31等を決める)。

この一会計期間に行われる簿記の手続きを簿記一巡と言う。

取引

仕訳:仕訳帳に記入する。

転記:総勘定元帳にまとめる。

試算表作成:転記が正しく行われるかの確認。

決算整理仕訳:決算書に記載するため、帳簿を修正。

帳簿の締切:帳簿をそれ以上使わないようにする手続き。

精算表作成

損益計算書、貸借対照表作成

SNSでも購読できます。