平成24年5月

ファイナンシャルプランナー3級(FP3級)学科試験
実技試験 問題
年度別過去問 2012年5月(平成24年5月)

平成24年5月
【第1問】下記の(問1)、(問2)について解答しなさい。
平成24年5月問1 ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
1.投資助言・代理業の登録をしていないFPが、特定の上場会社が公表した業績予想を顧客に提示した。
2.税理士資格を有していないFPが、顧客が納付すべき相続税の具体的な税額計算を無償で行った。
3.社会保険労務士資格を有していないFPが、顧客の公的年金の受給見込み額を試算した。

平成24年5月問2 下記は、田川さんの家庭のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用することとし、計算結果は万円未満を四捨五入することとする。
平成24年5月実技問2
1.空欄(ア)に入る数値とその求め方:「480×(1+0.01)2=490」
2.空欄(イ)に入る数値とその求め方:「696-748=▲52」
3.空欄(ウ)に入る数値とその求め方:「(430+114)×(1+0.01)=549」

【第2問】下記の(問3)~(問6)について解答しなさい。
平成24年5月問3 下記は、経済用語についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
( ア )
国内で1年間に生み出された財・サービスの付加価値の合計で、内閣府が発表している。この伸び率が経済成長率である。
( イ )
「DI」と「CI」の2つの指数がある。このうち「CI」は、景気の山の高さや谷の深さ、拡張や後退の勢いといった景気の量感を示す指数で、平成20年から公表の中心になっている。
( ウ )
日本銀行が行う公開市場操作の一つ。民間金融機関の保有する債券等を買い取り、市場へ資金を供給するため、金利を低めに誘導する効果がある。
1.空欄(ア)に入る語句は、「GDP(国内総生産)」である。
2.空欄(イ)に入る語句は、「景気動向指数」である。
3.空欄(ウ)に入る語句は、「売りオペレーション」である。

平成24年5月問4 下記<資料>は、ZH銀行の顧客配布用・投資信託ガイドの「投資信託に係るリスク」のページの一部(抜粋)である。<資料>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
<資料>
投資信託に係るリスク
投資信託には、主に以下のリスクがあり、場合によっては運用成果が投資元本を大きく割り込む可能性があります。
1.( ア )
株式や債券の価格は、市場環境や企業業績などを反映して常に変化しています。これらを組み入れている投資信託の価額もこれに伴って変動しており、場合によっては大きく価値が目減りする可能性があります。
2.( イ )
海外の株式や債券に投資する投資信託(為替ヘッジをしていないもの)は為替相場の動向を反映します。従って、現地の市場が堅調であっても、円高等により円ベースの評価額が下がる可能性があります。
3.( ウ )
企業の破綻や国の債務不履行(デフォルト)などによって、組み入れていた株式や債券の価格が大きく下がった場合、投資信託の価額が大きく下落する可能性があります。
1.空欄(ア)に入る語句は、「流動性リスク」である。
2.空欄(イ)に入る語句は、「為替変動リスク」である。
3.空欄(ウ)に入る語句は、「信用リスク」である。

平成24年5月問5 投資信託は、運用対象や運用スタイルなどによって、下表のように分けることができる。下表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、問題作成の都合上、一部を(*****)としている。
平成24年5月実技問5
1.空欄(ア)に入る説明:公社債を中心に運用され、株式の組入比率が25%未満の投資信託。
2.空欄(イ)に入る説明:あらかじめベンチマークを定め、そのベンチマークに連動することを目指す運用スタイル。
3.空欄(ウ)に入る説明:個別企業の調査・分析に基づいて企業の将来性を判断し、投資判断をする運用手法。

平成24年5月問6 下記<資料>は、XB銀行のキャンペーン円定期預金のパンフレットの一部(抜粋)である。<資料>の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、円定期預金に係る税率は所得税15%・住民税5%であり、計算過程において円未満の端数が生じた場合には切り捨てること。また、問題作成の都合上、<資料>の一部を(*****)としている。
平成24年5月実技問6
1. 32,000円
2. 10,082円
3.  8,066円

【第3問】下記の(問7)、(問8)について解答しなさい。
平成24年5月問7 建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、次の記述の空欄(ア)にあてはまる面積として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問7
この土地に対する建築物の延べ面積(床面積の合計)は、最大( ア )である。
1.  90m2
2. 300m2
3. 360m2

平成24年5月問8 不動産登記記録に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
平成24年5月実技問8
1.建物の家屋番号、構造、床面積は、表題部に記載される。
2.抵当権などの所有権以外の権利に関する登記事項は、甲区に記載される。
3.所有権に関する登記事項は、乙区に記載される。

【第4問】下記の(問9)~(問11)について解答しなさい。
平成24年5月問9 室井明人さんが契約者および被保険者として加入しているガン保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、保険契約は有効に継続しているものとし、明人さんはこれまでに下記<資料>の保険から給付金を一度も受け取っていないものとする。
平成24年5月実技問9
室井明人さんが、平成24年中に初めてガン(悪性新生物)と診断され、その後80日間入院し、給付倍率40倍の手術(1回)を受けた場合、支払われる給付金の合計額は( ア )である。
1. 164万円
2. 180万円
3. 196万円

平成24年5月問10 生命保険においては、従来どおりの保険料を払い続けることが困難になった場合に、解約をせずに保険契約を継続する方法がある。下記の(ア)~(ウ)はこれらの方法の仕組みを図で表したものである。(ア)~(ウ)の図に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
平成24年5月実技問10
1.(ア)は、「延長(定期)保険」について示したものである。
2.(イ)は、「減額」について示したものである。
3.(ウ)は、「自動振替貸付」について示したものである。

平成24年5月問11 損害保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1.住宅火災保険は、風災・雪災・ひょう災・落雷といった自然災害による損害を補償の対象としていない。
2.居住用建物を火災保険金額1億2,000万円で契約した場合、地震保険の限度額も1億2,000万円である。
3.自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、物損事故により法律上の賠償責任を負ったときの損害を補償の対象としていない。

【第5問】下記の(問12)について解答しなさい。
平成24年5月問12 会社員である飯田俊夫さんの平成23年分の所得はKM株式会社からの給与所得のみであり、平成23年分の源泉徴収票は下記のとおりである。この源泉徴収票の空欄(ア)にあてはまる数値として、正しいものはどれか。なお、問題作成の都合上、源泉徴収票の項目の一部を空欄( ※ )としている。
平成24年5月実技問12-1
1. 3,897,600
2. 3,991,200
3. 5,664,000

【第6問】下記の(問13)について解答しなさい。
平成24年5月問13 平成24年3月1日に相続が開始された被相続人の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問13
1.配偶者1/2  長男1/4  孫A1/8  孫B1/8
2.配偶者1/2  長男1/4  二男の妻1/12  孫A1/12  孫B1/12
3.配偶者1/2  長男1/2

【第7問】下記の(問14)~(問20)について解答しなさい。
<設例>
正宗遼さんは株式会社LKに勤める会社員である。平成24年1月25日に長女の久利子さんが生まれたこともあり、今後の生活設計等について考えようと思い、ファイナンシャル・プランナー(FP)で税理士・社会保険労務士でもある都塚さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも平成24年4月1日現在のものである。
<家族構成>
平成24年5月実技問14-1
<保有財産(時価)>
平成24年5月実技問14-2
<負債残高>
なし
<マイホーム>遼さんは、財形住宅貯蓄200万円と定期預金300万円のうち200万円の合計400万円を頭金として、民間金融機関で2,100万円の住宅ローンを組んで、2,500万円のマンションを購入したいと考えている。
<その他>
上記以外については、各設問において特に指定のない限り一切考慮しないこととする。

平成24年5月問14 FPの都塚さんは、正宗家の(マンション購入後の)バランスシートを作成した。下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、<設例>に基づいて解答することとし、<設例>に記載のある情報以外の情報については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問14-3
1.   800(万円)
2. 2,100(万円)
3. 2,900(万円)

平成24年5月問15 遼さんは、マンションを購入するに当たって、住宅ローンについての理解を深めておきたいと思い、FPの都塚さんに質問をした。住宅ローンに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1.元利均等返済は、元金均等返済に比べて、返済開始当初における返済額が多いが、総支払利息は少ないという特徴がある。
2.民間金融機関の住宅ローンは、一般に、団体信用生命保険への加入を条件としており、住宅ローンの返済途中で契約者本人が死亡した場合には、団体信用生命保険の保険金によって残債が一括返済される。
3.民間金融機関の住宅ローンは、償還期日までの間に2回まで繰上げ返済をすることができ、1回当たりの繰上げ返済に係る上限額は、通常500万円とされている。

平成24年5月問16 遼さんは、平成24年中にマンションを購入して、住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)の適用を受けたいと考えている。FPの都塚さんが行った住宅ローン控除に関する次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。なお、購入するマンションは、認定長期優良住宅には該当しないものとする。
1.「給与所得者の場合、住宅ローン控除の適用を受ける最初の年分は確定申告をしなければなりませんが、翌年分以降は年末調整により住宅ローン控除の適用を受けることができます。」
2.「住宅ローン控除の適用対象となる住宅の床面積は、70m2以上240m2以下とされています。」
3.「住宅ローン控除の適用を受ける年分の合計所得金額は、3,000万円以下とされています。」

平成24年5月問17 遼さんと明日香さんは、今後15年間で貯蓄をして、長女の久利子さんの学費の一部として300万円を準備したいと考えている。積立期間中は年利1%で複利運用できるものとした場合、300万円を準備するために必要な毎年の積立金額として、最も適切なものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、解答に当たっては万円未満を四捨五入することとする。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問17
1. 17万円
2. 19万円
3. 22万円

平成24年5月問18 遼さんの年金加入歴は以下のとおりである。仮に、現時点(28歳)で遼さんが不慮の事故により死亡した場合、遼さんの死亡時点において明日香さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、遼さんは、入社時(22歳で入社)から死亡時まで厚生年金保険に加入しているものとし、遺族給付における生計維持要件は満たされているものとする。学生時代は、学生納付特例制度の適用を受けている。
平成24年5月実技問18
1.遺族基礎年金のみが支給される。
2.遺族厚生年金のみが支給される。
3.遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給される。

平成24年5月問19 遼さんは、病気やケガで働けなくなった場合、健康保険からどのような給付が受けられるのか、FPの都塚さんに質問をした。健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険)の傷病手当金に関する次の記述の下線部(ア)~(ウ)のうち、最も適切なものはどれか。
平成24年5月実技問19
傷病手当金は、病気やケガのため、仕事を休んだ日が(ア)継続して3日間あったときに、4日目以降の休んだ日について、支給開始から最長で(イ)9ヵ月間、1日につき(ウ)標準報酬日額の4分の1相当額が支給される。給与が支給された場合であっても、給与額が傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給される。
1.下線部(ア)
2.下線部(イ)
3.下線部(ウ)

平成24年5月問20 遼さんの父親の猛さん(障害者ではない)は、今年60歳となり、特別支給の老齢厚生年金が受給できることから、加給年金額についてFPの都塚さんに質問をした。次のうち、猛さんの特別支給の老齢厚生年金と加給年金額等に係る図として、最も適切なものはどれか。なお、猛さんの厚生年金保険の被保険者期間は38年であるものとする。また、加給年金および振替加算についての要件は満たしているものとする。
平成24年5月実技問20

ファイナンシャルプランナー3級(FP3級)学科試験
実技試験 解答
年度別過去問 2012年5月(平成24年5月)

平成24年5月
【第1問】下記の(問1)、(問2)について解答しなさい。
平成24年5月問1 ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
1.投資助言・代理業の登録をしていないFPが、特定の上場会社が公表した業績予想を顧客に提示した。

〇 公表してあるデータを提示しても違反しない。

2.税理士資格を有していないFPが、顧客が納付すべき相続税の具体的な税額計算を無償で行った。

× 個別具体的な行為は無償であっても違反する。

3.社会保険労務士資格を有していないFPが、顧客の公的年金の受給見込み額を試算した。

〇 見込額の試算は違反する行為とは言えない。

正解 2

平成24年5月問2 下記は、田川さんの家庭のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用することとし、計算結果は万円未満を四捨五入することとする。
平成24年5月実技問2
1.空欄(ア)に入る数値とその求め方:「480×(1+0.01)^2=490」

〇 変動率のあるものの求め方:基準値×(1+変動率)^年数

2.空欄(イ)に入る数値とその求め方:「696-748=▲52」

× 数字が逆である。 年間収支=その年の収入-支出=748-696=52

3.空欄(ウ)に入る数値とその求め方:「(430+114)×(1+0.01)=549」

× 金融資産残高=前年の金融資産残高×(1+変動率)+その年の年間収支=430×(1+0.01)+114=548

正解 1

【第2問】下記の(問3)~(問6)について解答しなさい。
平成24年5月問3 下記は、経済用語についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
( ア )
国内で1年間に生み出された財・サービスの付加価値の合計で、内閣府が発表している。この伸び率が経済成長率である。
( イ )
「DI」と「CI」の2つの指数がある。このうち「CI」は、景気山の高さや谷の深さ、拡張や後退の勢いといった景気の量感を示す指数で、平成20年から公表の中心になっている。
( ウ )
日本銀行が行う公開市場操作の一つ。民間金融機関の保有する債券等を買い取り、市場へ資金を供給するため、金利を低めに誘導する効果がある。
1.空欄(ア)に入る語句は、「GDP(国内総生産)」である。

2.空欄(イ)に入る語句は、「景気動向指数」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「売りオペレーション」である。

× 買いオペレーションの説明である。

正解 3

平成24年5月問4 下記<資料>は、ZH銀行の顧客配布用・投資信託ガイドの「投資信託に係るリスク」のページの一部(抜粋)である。<資料>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
<資料>
投資信託に係るリスク
投資信託には、主に以下のリスクがあり、場合によっては運用成果が投資元本を大きく割り込む可能性があります。
1.( ア )
株式や債券の価格は、市場環境や企業業績などを反映して常に変化しています。これらを組み入れている投資信託の価額もこれに伴って変動しており、場合によっては大きく価値が目減りする可能性があります。
2.( イ )
海外の株式や債券に投資する投資信託(為替ヘッジをしていないもの)は為替相場の動向を反映します。従って、現地の市場が堅調であっても、円高等により円ベースの評価額が下がる可能性があります。
3.( ウ )
企業の破綻や国の債務不履行(デフォルト)どによって、組み入れていた株式や債券の価格が大きく下がった場合、投資信託の価額が大きく下落する可能性があります。
1.空欄(ア)に入る語句は、「流動性リスク」である。
× 価格変動リスクの説明である。
2.空欄(イ)に入る語句は、「為替変動リスク」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「信用リスク」である。

正解 1

平成24年5月問5 投資信託は、運用対象や運用スタイルなどによって、下表のように分けることができる。下表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、問題作成の都合上、一部を(*****)としている。
平成24年5月実技問5
1.空欄(ア)に入る説明:公社債を中心に運用され、株式の組入比率が25%未満の投資信託。

× 公社債投資信託は、株式を一切組み入れる事ができない。

2.空欄(イ)に入る説明:あらかじめベンチマークを定め、そのベンチマークに連動することを目指す運用スタイル。

◯ なおアクティブ運用は、ベンチマークを上回るようにする運用スタイルである。

3.空欄(ウ)に入る説明:個別企業の調査・分析に基づいて企業の将来性を判断し、投資判断をする運用手法。

× ボトムアップアプローチの説明。なおトップダウンアプローチは、経済全体のさまざまな環境要因を分析し,業種別組入比率を決め,そこに組み入れる個別銘柄の選定を行う手法

正解 2

平成24年5月問6 下記<資料>は、XB銀行のキャンペーン円定期預金のパンフレットの一部(抜粋)である。<資料>の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、円定期預金に係る税率は所得税15%・住民税5%であり、計算過程において円未満の端数が生じた場合には切り捨てること。また、問題作成の都合上、<資料>の一部を(*****)としている。
平成24年5月実技問6
1. 32,000円
2. 10,082円
3.  8,066円

100万円×4%×92日/365日≒10082円
税金が15%+5%かかるため、
10082円×0.8=8066円

正解 3

【第3問】下記の(問7)、(問8)について解答しなさい。
平成24年5月問7 建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、次の記述の空欄(ア)にあてはまる面積として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問7
この土地に対する建築物の延べ面積(床面積の合計)は、最大( ア )である。
1.  90㎡
2. 300㎡
3. 360㎡

前面道路の幅員による制限を求める
前面道路の幅員による制限=法定乗数×道路の幅員=4/10×6=24/10=240%
前面道路の幅員と指定容積率を比べて小さい方が容積率
240%>200%⇒容積率=200%
延べ面積(床面積の合計)の最高限度=面積×指定容積率=150㎡×200%=300㎡
正解 2

平成24年5月問8 不動産登記記録に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
平成24年5月実技問8
1.建物の家屋番号、構造、床面積は、表題部に記載される。

2.抵当権などの所有権以外の権利に関する登記事項は、甲区に記載される。

× 所有権以外のことは、乙区に記載される。

3.所有権に関する登記事項は、乙区に記載される。

× 所有権に関することは、甲区に記載される。

正解 1

【第4問】下記の(問9)~(問11)について解答しなさい。
平成24年5月問9 室井明人さんが契約者および被保険者として加入しているガン保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、保険契約は有効に継続しているものとし、明人さんはこれまでに下記<資料>の保険から給付金を一度も受け取っていないものとする。
平成24年5月実技問9
室井明人さんが、平成24年中に初めてガン(悪性新生物)と診断され、その後80日間入院し、給付倍率40倍の手術(1回)を受けた場合、支払われる給付金の合計額は( ア )である。
1. 164万円
2. 180万円
3. 196万円

100万円(ガン診断給付金)+8000円×80日(入院給付金)+8000円×40倍(手術給付金)=196万円

正解 3

平成24年5月問10 生命保険においては、従来どおりの保険料を払い続けることが困難になった場合に、解約をせずに保険契約を継続する方法がある。下記の(ア)~(ウ)はこれらの方法の仕組みを図で表したものである。(ア)~(ウ)の図に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
平成24年5月実技問10
1.(ア)は、「延長(定期)保険」について示したものである。
2.(イ)は、「減額」について示したものである。
3.(ウ)は、「自動振替貸付」について示したものである。

アは、保険期間を変えずに保険金額を下げる場合であるため払済み保険である。
ウは、保険金額を変えずに保険期間を変える方法であるため延長定期保険である。
すなわち、イが正しい。

正解 2

平成24年5月問11 損害保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1.住宅火災保険は、風災・雪災・ひょう災・落雷といった自然災害による損害を補償の対象としていない

× 火災以外の風災・雪災・ひょう災・落雷なども対象である。

2.居住用建物を火災保険金額1億2,000万円で契約した場合、地震保険の限度額も1億2,000万円である。

× 地震保険は、最大火災保険の50%の保険金しか掛けられないため誤り。

3.自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、物損事故により法律上の賠償責任を負ったときの損害を補償の対象としていない

正解 3

【第5問】下記の(問12)について解答しなさい。
平成24年5月問12 会社員である飯田俊夫さんの平成23年分の所得はKM株式会社からの給与所得のみであり、平成23年分の源泉徴収票は下記のとおりである。この源泉徴収票の空欄(ア)にあてはまる数値として、正しいものはどれか。なお、問題作成の都合上、源泉徴収票の項目の一部を空欄( ※ )としている。
平成24年5月実技問12-1
平成24年5月実技問12
1. 3,897,600
2. 3,991,200
3. 5,664,000

5,664,000円×20%+54万円=1,672,800円
5,664,000円-1,672,800円=3,991,200円

正解 2

【第6問】下記の(問13)について解答しなさい。
平成24年5月問13 平成24年3月1日に相続が開始された被相続人の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問13
1.配偶者1/2  長男1/4  孫A1/8  孫B1/8
2.配偶者1/2  長男1/4  二男の妻1/12  孫A1/12  孫B1/12
3.配偶者1/2  長男1/2

①配偶者と子で、1/2ずつ相続する。
⇒配偶者:1/2
②子が相続する1/2は、長男と次男がいるため均等に分ける。
⇒長男:1/2×1/2=1/4
③次男が死亡しているため、代襲相続人で均等に分ける。
⇒孫A・B:1/4×1/2=1/8

正解 1

【第7問】下記の(問14)~(問20)について解答しなさい。
<設例>
正宗遼さんは株式会社LKに勤める会社員である。平成24年1月25日に長女の久利子さんが生まれたこともあり、今後の生活設計等について考えようと思い、ファイナンシャル・プランナー(FP)で税理士・社会保険労務士でもある都塚さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも平成24年4月1日現在のものである。
<家族構成>
平成24年5月実技問14-1
<保有財産(時価)>
平成24年5月実技問14-2
<負債残高>
なし
<マイホーム>遼さんは、財形住宅貯蓄200万円と定期預金300万円のうち200万円の合計400万円を頭金として、民間金融機関で2,100万円の住宅ローンを組んで、2,500万円のマンションを購入したいと考えている。
<その他>
上記以外については、各設問において特に指定のない限り一切考慮しないこととする。

平成24年5月問14 FPの都塚さんは、正宗家の(マンション購入後の)バランスシートを作成した。下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、<設例>に基づいて解答することとし、<設例>に記載のある情報以外の情報については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問14-3
1.   800(万円)
2. 2,100(万円)
3. 2,900(万円)

①表に×××にそれぞれの金額を代入する。
②バランスシートは資産=負債+純資産となるので
⇒純資産=資産-負債
∴純資産=普通預金(150)+定期預金(300-200=100)+個人向け国債(50)+生命保険金(100)+不動産(2500)-住宅ローン(2100)=800万円

正解 1

平成24年5月問15 遼さんは、マンションを購入するに当たって、住宅ローンについての理解を深めておきたいと思い、FPの都塚さんに質問をした。住宅ローンに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1.元利均等返済は、元金均等返済に比べて、返済開始当初における返済額が多いが、総支払利息は少ないという特徴がある。

× これは元金均等返済の特徴である。元利金等返済は、返済額が一定で計画が建てやすく、返済初期に返済額が少ないというメリットが有る。

2.民間金融機関の住宅ローンは、一般に、団体信用生命保険への加入を条件としており、住宅ローンの返済途中で契約者本人が死亡した場合には、団体信用生命保険の保険金によって残債が一括返済される。

3.民間金融機関の住宅ローンは、償還期日までの間に2回まで繰上げ返済をすることができ、1回当たりの繰上げ返済に係る上限額は、通常500万円とされている。

×

正解 2

平成24年5月問16 遼さんは、平成24年中にマンションを購入して、住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)の適用を受けたいと考えている。FPの都塚さんが行った住宅ローン控除に関する次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。なお、購入するマンションは、認定長期優良住宅には該当しないものとする。
1.「給与所得者の場合、住宅ローン控除の適用を受ける最初の年分は確定申告をしなければなりませんが、翌年分以降は年末調整により住宅ローン控除の適用を受けることができます。」

2.「住宅ローン控除の適用対象となる住宅の床面積は、70㎡以上240以下とされています。」

× 50㎡以上(上限なし)である。50㎡240㎡以下は不動産取得税。50㎡以上280㎡以下は固定資産税である。

3.「住宅ローン控除の適用を受ける年分の合計所得金額は、3,000万円以下とされています。」

正解 2

平成24年5月問17 遼さんと明日香さんは、今後15年間で貯蓄をして、長女の久利子さんの学費の一部として300万円を準備したいと考えている。積立期間中は年利1%で複利運用できるものとした場合、300万円を準備するために必要な毎年の積立金額として、最も適切なものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、解答に当たっては万円未満を四捨五入することとする。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。
平成24年5月実技問17
1. 17万円
2. 19万円
3. 22万円
積立てをしていき、目標額から現在積立てていく額を求めたい⇒減債基金係数
300万円×0.062≒19万円
正解 2

平成24年5月問18 遼さんの年金加入歴は以下のとおりである。仮に、現時点(28歳)で遼さんが不慮の事故により死亡した場合、遼さんの死亡時点において明日香さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、遼さんは、入社時(22歳で入社)から死亡時まで厚生年金保険に加入しているものとし、遺族給付における生計維持要件は満たされているものとする。学生時代は、学生納付特例制度の適用を受けている。
平成24年5月実技問18
1.遺族基礎年金のみが支給される。
2.遺族厚生年金のみが支給される。
3.遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給される。

遺族基礎年金が支払われるか:子のある妻なので受給可能。
遺族厚生年金が支払われるか:厚生年金の被保険者なので受給可能。

正解 3

平成24年5月問19 遼さんは、病気やケガで働けなくなった場合、健康保険からどのような給付が受けられるのか、FPの都塚さんに質問をした。健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険)の傷病手当金に関する次の記述の下線部(ア)~(ウ)のうち、最も適切なものはどれか。

傷病手当金は、病気やケガのため、仕事を休んだ日が(ア)継続して3日間あったときに、4日目以降の休んだ日について、支給開始から最長で(イ)9ヵ月間、1日につき(ウ)標準報酬日額の4分の1相当額が支給される。給与が支給された場合であっても、給与額が傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給される。

1.下線部(ア)

2.下線部(イ)

× 1年6ヶ月間

3.下線部(ウ)

× 3分の2

正解 1

平成24年5月問20 遼さんの父親の猛さん(障害者ではない)は、今年60歳となり、特別支給の老齢厚生年金が受給できることから、加給年金額についてFPの都塚さんに質問をした。次のうち、猛さんの特別支給の老齢厚生年金と加給年金額等に係る図として、最も適切なものはどれか。なお、猛さんの厚生年金保険の被保険者期間は38年であるものとする。また、加給年金および振替加算についての要件は満たしているものとする。
平成24年5月実技問20

加給年金は、配偶者や子供などの扶養者がいると上乗せしてもらう事ができる年金。もともとは定額部分が受給できるようになると上乗せされて支給されていたが、年金の受給年齢引き上げに伴い定額部分をもらう人がいなくなったため現在は老齢基礎年金が受給できるようになると受給できるようになる。

正解 1

SNSでも購読できます。