問9 ライフプラン 中小企業の資金対策

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年5月(平成29年5月)

問題 9下記<�]社の貸借対照表>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。<X社の貸借対照表> (単位:百万円)項 目 金 額 項 目 金 額(資産の部) (負債の部)流動資産 流動負債現金及び預金 100 流動負債合計 300売掛金 100 固定負債商品 300 固定負債合計 300流動資産合計 500 負債合計 600(純資産の部)固定資産 株主資本固定資産合計 700 資本金 200利益剰余金 400株主資本合計 600純資産合計 600資産合計 1,200 負債・純資産合計 1,2001.流動資産のうち、「現金及び預金」「売掛金」などの換金しやすい資産を当座資産という。
2.負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは流動負債となり、返済期間が1年を超えるものは固定負債となる。
3.X社の流動比率は、「 500300 ×100(%)」で計算される。
4.X社の自己資本比率は、「 200600 ×100(%)」で計算される。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年5月(平成29年5月)

問題 9下記<�]社の貸借対照表>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。<X社の貸借対照表> (単位:百万円)項 目 金 額 項 目 金 額(資産の部) (負債の部)流動資産 流動負債現金及び預金 100 流動負債合計 300売掛金 100 固定負債商品 300 固定負債合計 300流動資産合計 500 負債合計 600(純資産の部)固定資産 株主資本固定資産合計 700 資本金 200利益剰余金 400株主資本合計 600純資産合計 600資産合計 1,200 負債・純資産合計 1,2001.流動資産のうち、「現金及び預金」「売掛金」などの換金しやすい資産を当座資産という。
2.負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは流動負債となり、返済期間が1年を超えるものは固定負債となる。
3.X社の流動比率は、「 500300 ×100(%)」で計算される。
4.X社の自己資本比率は、「 200600 ×100(%)」で計算される。

SNSでも購読できます。