問8 ライフプラン 住宅ローン

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年5月(平成29年5月)

問題 8住宅金融支援機構と金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35(買取型)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.融資対象となる住宅がマンションである場合、その専有面積は50m2以上でなければならない。
2.融資額は、最高8,000万円で、住宅の建設費または購入価額以内である。
3.利用者は総返済負担率(年収に占める借入総額の年間返済総額の割合)の基準を満たす必要があり、収入が給与のみで年収400万円以上の者の場合、総返済負担率は35%以下でなければならない。
4.住宅金融支援機構は、融資を実行する金融機関から住宅ローン債権を買い取り、対象となる住宅の第1順位の抵当権者となる。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年5月(平成29年5月)

問題 8住宅金融支援機構と金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35(買取型)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.融資対象となる住宅がマンションである場合、その専有面積は50m2以上でなければならない。
2.融資額は、最高8,000万円で、住宅の建設費または購入価額以内である。
3.利用者は総返済負担率(年収に占める借入総額の年間返済総額の割合)の基準を満たす必要があり、収入が給与のみで年収400万円以上の者の場合、総返済負担率は35%以下でなければならない。
4.住宅金融支援機構は、融資を実行する金融機関から住宅ローン債権を買い取り、対象となる住宅の第1順位の抵当権者となる。

SNSでも購読できます。