問58 相続・事業承継 相続税評価

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年5月(平成29年5月)

問題 58Aさんは、自己が所有する宅地(以下「土地」という)の上に戸建て住宅(以下「建物」という)を建設し、その建物を第三者のBさんに賃貸している。この場合、AさんまたはBさんに相続が開始したときの相続税の課税価格の計算上、土地または建物に係る課税財産に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」については考慮しないものとし、建物は借家権の取引慣行のある地域にないものとする。

1.Aさんに係る相続税において、土地は相続税の課税対象となり、その相続税評価額は、貸家建付地として計算する。
2.Aさんに係る相続税において、建物は相続税の課税対象となり、その相続税評価額は、自用家屋として計算する。
3.Bさんに係る相続税において、Bさんは土地について借地権を有し、その借地権が相続税の課税対象となる。
4.Bさんに係る相続税において、Bさんは建物について借家人の有する権利をもち、当該権利が相続税の課税対象となる。兄Eさん(50歳)父Dさん(75歳) 母(すでに死亡)被相続人Aさん 妻Bさん(38歳)子Cさん(10歳)−24終−

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年5月(平成29年5月)

問題 58Aさんは、自己が所有する宅地(以下「土地」という)の上に戸建て住宅(以下「建物」という)を建設し、その建物を第三者のBさんに賃貸している。この場合、AさんまたはBさんに相続が開始したときの相続税の課税価格の計算上、土地または建物に係る課税財産に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」については考慮しないものとし、建物は借家権の取引慣行のある地域にないものとする。

1.Aさんに係る相続税において、土地は相続税の課税対象となり、その相続税評価額は、貸家建付地として計算する。
2.Aさんに係る相続税において、建物は相続税の課税対象となり、その相続税評価額は、自用家屋として計算する。
3.Bさんに係る相続税において、Bさんは土地について借地権を有し、その借地権が相続税の課税対象となる。
4.Bさんに係る相続税において、Bさんは建物について借家人の有する権利をもち、当該権利が相続税の課税対象となる。兄Eさん(50歳)父Dさん(75歳) 母(すでに死亡)被相続人Aさん 妻Bさん(38歳)子Cさん(10歳)−24終−

SNSでも購読できます。