問46 不動産 FP法令制限

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年1月(平成29年1月)

問題 46建築基準法に基づいて下記の土地に耐火建築物である住宅を建築する場合の建築面積の限度として、最も適切なものはどれか。なお、前面道路は、同法第42条第2項により特定行政庁の指定を受けた道路であり、その中心線からの水平距離2mの線が道路の境界線とみなされるものとする。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

1. 130m22. 140m23. 145m24. 150m2(対象地)・ 第一種中高層住居専用地域・ 指定建ぺい率:50%・ 指定容積率 :150%・ 準防火地域3m市道15m20m(がけ地、川等ではない)

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2017年1月(平成29年1月)

問題 46建築基準法に基づいて下記の土地に耐火建築物である住宅を建築する場合の建築面積の限度として、最も適切なものはどれか。なお、前面道路は、同法第42条第2項により特定行政庁の指定を受けた道路であり、その中心線からの水平距離2mの線が道路の境界線とみなされるものとする。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

1. 130m22. 140m23. 145m24. 150m2(対象地)・ 第一種中高層住居専用地域・ 指定建ぺい率:50%・ 指定容積率 :150%・ 準防火地域3m市道15m20m(がけ地、川等ではない)

SNSでも購読できます。