問30 金融資産 金融商品販売法・金融商品取引法

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年9月(平成28年9月)

問題 30金融商品の販売等に関する法律(以下「金融商品販売法」という)および消費者契約法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.金地金の販売に係る契約の締結は、金融商品販売法上の「金融商品の販売」に該当する。
2.顧客(特定顧客を除く)が金融商品販売業者等に対して、金融商品販売法に基づき、重要事項の説明義務違反による損害の賠償を請求する場合、その損害額については、当該顧客が立証しなければならない。
3.事業のために契約の当事者となる個人(個人事業主)は、消費者契約法上の「消費者」に該当する。
4.事業者が消費者に対して重要事項について事実と異なることを告げ、消費者がその内容を事実と誤認して消費者契約の申込みを行った場合、消費者は、消費者契約法に基づき、当該申込みを取り消すことができる。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年9月(平成28年9月)

問題 30金融商品の販売等に関する法律(以下「金融商品販売法」という)および消費者契約法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.金地金の販売に係る契約の締結は、金融商品販売法上の「金融商品の販売」に該当する。
2.顧客(特定顧客を除く)が金融商品販売業者等に対して、金融商品販売法に基づき、重要事項の説明義務違反による損害の賠償を請求する場合、その損害額については、当該顧客が立証しなければならない。
3.事業のために契約の当事者となる個人(個人事業主)は、消費者契約法上の「消費者」に該当する。
4.事業者が消費者に対して重要事項について事実と異なることを告げ、消費者がその内容を事実と誤認して消費者契約の申込みを行った場合、消費者は、消費者契約法に基づき、当該申込みを取り消すことができる。

SNSでも購読できます。