問21 金融資産 景気動向・経済指標

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年9月(平成28年9月)

問題 21わが国の景気動向や金融政策がマーケットに与える一般的な影響に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.景気回復などの期待を背景に、海外から日本への投資が活発化することは、為替相場において円安要因となる。
2.景気が低迷すると、企業業績の悪化などから雇用や所得に対する不安が高まり、消費需要が減退することから、物価の下落要因となる。
3.日本銀行が実施する指数連動型上場投資信託(ETF)の買入れ枠の拡大は、日本の株式市場にとって、株価の上昇要因となる。
4.米国が政策金利を引き上げ、日本との金利差が拡大することは、円とドルの為替相場において、円安要因となる。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年9月(平成28年9月)

問題 21わが国の景気動向や金融政策がマーケットに与える一般的な影響に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.景気回復などの期待を背景に、海外から日本への投資が活発化することは、為替相場において円安要因となる。
2.景気が低迷すると、企業業績の悪化などから雇用や所得に対する不安が高まり、消費需要が減退することから、物価の下落要因となる。
3.日本銀行が実施する指数連動型上場投資信託(ETF)の買入れ枠の拡大は、日本の株式市場にとって、株価の上昇要因となる。
4.米国が政策金利を引き上げ、日本との金利差が拡大することは、円とドルの為替相場において、円安要因となる。

SNSでも購読できます。