問58 相続・事業承継 相続税評価

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 58不動産の相続税評価額の引下げに関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。自己が所有している宅地(更地・自用地)に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、当該宅地は( ア )として評価される。例えば、更地(自用地)としての価額が1億円の宅地に賃貸マンションを建築し、借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、当該宅地は、更地(自用地)で所有しているよりも相続税評価額が( イ )減額される。

1.(ア)貸家建付地 (イ)1,800万円2.(ア)貸宅地 (イ)4,000万円3.(ア)貸家建付地 (イ)4,000万円4.(ア)貸宅地 (イ)1,800万円

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 58不動産の相続税評価額の引下げに関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。自己が所有している宅地(更地・自用地)に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、当該宅地は( ア )として評価される。例えば、更地(自用地)としての価額が1億円の宅地に賃貸マンションを建築し、借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、当該宅地は、更地(自用地)で所有しているよりも相続税評価額が( イ )減額される。

1.(ア)貸家建付地 (イ)1,800万円2.(ア)貸宅地 (イ)4,000万円3.(ア)貸家建付地 (イ)4,000万円4.(ア)貸宅地 (イ)1,800万円

SNSでも購読できます。