問51 相続・事業承継 贈与契約

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 51贈与契約に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.定期贈与契約は、原則として、贈与者または受贈者の死亡により効力を失う。
2.死因贈与契約は、贈与者の一方的な意思表示により成立する。
3.死因贈与契約の贈与者は、原則として、遺言によりその契約を撤回することができる。
4.負担付贈与契約の贈与者は、その負担の限度において、売買契約の売主と同様の担保責任を負う。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 51贈与契約に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.定期贈与契約は、原則として、贈与者または受贈者の死亡により効力を失う。
2.死因贈与契約は、贈与者の一方的な意思表示により成立する。
3.死因贈与契約の贈与者は、原則として、遺言によりその契約を撤回することができる。
4.負担付贈与契約の贈与者は、その負担の限度において、売買契約の売主と同様の担保責任を負う。

SNSでも購読できます。