問31 タックス 所得

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 31所得税の各種所得に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.個人向け国債の利子を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。
2.会社員が勤務先から無利息で金銭を借り入れたことによる経済的利益は、雑所得となる。
3.老齢厚生年金を受給したことによる所得は、一時所得となる。
4.専業主婦が金地金を売却したことによる所得は、譲渡所得となる。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 31所得税の各種所得に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.個人向け国債の利子を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。
2.会社員が勤務先から無利息で金銭を借り入れたことによる経済的利益は、雑所得となる。
3.老齢厚生年金を受給したことによる所得は、一時所得となる。
4.専業主婦が金地金を売却したことによる所得は、譲渡所得となる。

SNSでも購読できます。