問2 ライフプラン ライフプランニング

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 2ライフプランニングにおける一般的なアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.住宅ローンを利用する場合には、金利水準や収支見通しなどについて十分な検討が必要であり、長期的なキャッシュフロー表を作成することが望ましい。
2.住宅ローンの返済と教育資金の負担が重なり支出が増大する場合には、生命保険の見直しや奨学金・教育ローンの活用など多岐にわたって収支を検討することが望ましい。
3.給与所得者の定年退職後の生活設計では、受給できる年金や退職金の額などを把握することが望ましい。
4.60歳代以降の人がゆとりのある老後生活を考えている場合には、一般的には勤労所得等収入を増やすことは容易ではないため、リスクが高くても積極的な資産運用で生活資金を確保することが望ましい。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 2ライフプランニングにおける一般的なアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.住宅ローンを利用する場合には、金利水準や収支見通しなどについて十分な検討が必要であり、長期的なキャッシュフロー表を作成することが望ましい。
2.住宅ローンの返済と教育資金の負担が重なり支出が増大する場合には、生命保険の見直しや奨学金・教育ローンの活用など多岐にわたって収支を検討することが望ましい。
3.給与所得者の定年退職後の生活設計では、受給できる年金や退職金の額などを把握することが望ましい。
4.60歳代以降の人がゆとりのある老後生活を考えている場合には、一般的には勤労所得等収入を増やすことは容易ではないため、リスクが高くても積極的な資産運用で生活資金を確保することが望ましい。

SNSでも購読できます。