問14 リスク管理 保険料控除

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 14個人年金保険に付加する個人年金保険料税制適格特約(以下「税制適格特約」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.税制適格特約を付加するためには、年金受取人が契約者(=保険料負担者)またはその配偶者のいずれかであり、年金受取人は被保険者と同一でなければならない。
2.税制適格特約を付加するためには、個人年金保険契約の保険料払込期間が20年以上でなければならない。
3.税制適格特約を付加するためには、所定の特約保険料を支払わなければならない。
4.税制適格特約は、中途付加することはできず、加入時に付加しなければならない。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2016年1月(平成28年1月)

問題 14個人年金保険に付加する個人年金保険料税制適格特約(以下「税制適格特約」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.税制適格特約を付加するためには、年金受取人が契約者(=保険料負担者)またはその配偶者のいずれかであり、年金受取人は被保険者と同一でなければならない。
2.税制適格特約を付加するためには、個人年金保険契約の保険料払込期間が20年以上でなければならない。
3.税制適格特約を付加するためには、所定の特約保険料を支払わなければならない。
4.税制適格特約は、中途付加することはできず、加入時に付加しなければならない。

SNSでも購読できます。