問34 タックス 所得控除

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 34所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.納税者が自己と生計を一にする配偶者の治療のために支払った医療費の金額は、当該納税者の医療費控除の対象となる。
2.病院に自家用車で通院した際に支払った駐車場代やガソリン代は、医療費控除の対象となる。
3.医療費控除の控除額は、最高で年額200万円である。
4.医療費控除は、納税者が給与所得者であっても、年末調整により適用を受けることができない。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 34所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.納税者が自己と生計を一にする配偶者の治療のために支払った医療費の金額は、当該納税者の医療費控除の対象となる。
2.病院に自家用車で通院した際に支払った駐車場代やガソリン代は、医療費控除の対象となる。
3.医療費控除の控除額は、最高で年額200万円である。
4.医療費控除は、納税者が給与所得者であっても、年末調整により適用を受けることができない。

SNSでも購読できます。