問32 タックス 所得

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 32所得税における退職所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.退職所得の金額(特定役員退職手当等に係るものを除く)は、「(その年中の退職手当等の収入金額−退職所得控除額)×1/2」の算式により計算される。
2.勤続年数が20年を超える者の退職所得控除額は、「800万円+40万円×(勤続年数−20年)」の算式により計算される。
3.退職所得控除額における勤続年数を計算する際、その計算した期間に1年未満の端数が生じたときは、これを1年として勤続年数を計算する。
4.退職手当等の支払いの際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出した者は、退職手当等の金額の多寡にかかわらず、原則として、当該退職所得に係る所得税の確定申告は不要である。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 32所得税における退職所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.退職所得の金額(特定役員退職手当等に係るものを除く)は、「(その年中の退職手当等の収入金額−退職所得控除額)×1/2」の算式により計算される。
2.勤続年数が20年を超える者の退職所得控除額は、「800万円+40万円×(勤続年数−20年)」の算式により計算される。
3.退職所得控除額における勤続年数を計算する際、その計算した期間に1年未満の端数が生じたときは、これを1年として勤続年数を計算する。
4.退職手当等の支払いの際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出した者は、退職手当等の金額の多寡にかかわらず、原則として、当該退職所得に係る所得税の確定申告は不要である。

SNSでも購読できます。