問17 リスク管理 保険料控除

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 17地震保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.店舗併用住宅を補償の対象とする地震保険の保険料は、その住居部分の床面積が店舗部分の床面積を超える場合に限り、地震保険料控除の対象となる。
2.損害保険会社が取り扱う地震保険の保険料だけでなく、地震等による損害を補償するJA共済の共済契約の掛金も、地震保険料控除の対象となる。
3.地震保険料控除の控除限度額は、所得税では5万円、住民税では3万円である。
4.地震保険を付帯した火災保険部分の保険料も、地震保険料控除の対象となる。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 17地震保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.店舗併用住宅を補償の対象とする地震保険の保険料は、その住居部分の床面積が店舗部分の床面積を超える場合に限り、地震保険料控除の対象となる。
2.損害保険会社が取り扱う地震保険の保険料だけでなく、地震等による損害を補償するJA共済の共済契約の掛金も、地震保険料控除の対象となる。
3.地震保険料控除の控除限度額は、所得税では5万円、住民税では3万円である。
4.地震保険を付帯した火災保険部分の保険料も、地震保険料控除の対象となる。

SNSでも購読できます。