問15 リスク管理 火災保険・地震保険

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 15火災保険および地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

1.火災保険では、火災により建物が損害を受けた場合、その事由が契約者の重大な過失に起因したとしても、その損害について補償の対象となる。
2.火災保険では、建物を必ず補償の対象としなければならず、収容家財のみを補償の対象とすることはできない。
3.地震保険では、地震による津波を原因とする建物の損壊等の損害については補償の対象とならない。
4.地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引があるが、重複して適用を受けることはできない。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 15火災保険および地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

1.火災保険では、火災により建物が損害を受けた場合、その事由が契約者の重大な過失に起因したとしても、その損害について補償の対象となる。
2.火災保険では、建物を必ず補償の対象としなければならず、収容家財のみを補償の対象とすることはできない。
3.地震保険では、地震による津波を原因とする建物の損壊等の損害については補償の対象とならない。
4.地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引があるが、重複して適用を受けることはできない。

SNSでも購読できます。