問11 リスク管理 生命保険

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 11生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.逓増定期保険は、保険期間の経過に伴い保険料および保険金額が所定の割合で増加する。
2.生存給付金付定期保険は、被保険者が死亡した場合、保険金額からすでに支払われた生存給付金の額を差し引いた金額が死亡保険金として支払われる。
3.収入保障保険から遺族が受け取る年金を一括で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
4.養老保険の被保険者に高度障害保険金が支払われた場合、その被保険者が保険期間満了まで生存したときは満期保険金が支払われる。

ファイナンシャルプランナー2級(FP2級)
年度別過去問 2015年9月(平成27年9月)

問題 11生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.逓増定期保険は、保険期間の経過に伴い保険料および保険金額が所定の割合で増加する。
2.生存給付金付定期保険は、被保険者が死亡した場合、保険金額からすでに支払われた生存給付金の額を差し引いた金額が死亡保険金として支払われる。
3.収入保障保険から遺族が受け取る年金を一括で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
4.養老保険の被保険者に高度障害保険金が支払われた場合、その被保険者が保険期間満了まで生存したときは満期保険金が支払われる。

SNSでも購読できます。