平成26年問47 マンション管理適正化法 マンションの定義


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年

【問47】マンションの定義に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法によれば、誤っているものはどれか。

1 2人以上の区分所有者が居住している専有部分のある建物及びその敷地のほかに、駐車場、ごみ集積所等の附属施設もマンションに含まれる。
2 2人以上の区分所有者が存在し、複数の事務所及び店舗等と1の住居がある建物は、マンションに含まれる。
3 2人以上の賃借人が居住し、1人の所有に属する建物及びその敷地は、マンションに含まれる。
4 1団地内において、2人以上の区分所有者が存する建物で人の居住の用に供する専有部分のあるものを含む、数棟の建物の所有者の共有に属する土地は、マンションに含まれる。

【問47】マンションの定義に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法によれば、誤っているものはどれか。
マンションとは
2以上の区分所有者が存在
専有部分のうち、少なくとも1つが居住の用に供されている
建物・土地・付属施設を指す。 

1 2人以上の区分所有者が居住している専有部分のある建物及びその敷地のほかに、駐車場、ごみ集積所等の附属施設もマンションに含まれる

〇 

2 2人以上の区分所有者が存在し、複数の事務所及び店舗等と1の住居がある建物は、マンションに含まれる。

〇 

3 2人以上の賃借人が居住し、1人の所有に属する建物及びその敷地は、マンションに含まれる

× 2以上の区分所有者が存在いていないので、マンションではない。

4 1団地内において、2人以上の区分所有者が存する建物で人の居住の用に供する専有部分のあるものを含む、数棟の建物の所有者の共有に属する土地は、マンションに含まれる。
〇 
正解 3


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。