平成26年問04 賃貸借・契約総論


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
【問4】マンションの管理組合A(以下、本問において「A」という。)は、B会社(以下、本問において「B」という。)との間で、Bが、当該マンションの屋上に広告塔を設置して使用し、その対価として毎月5万円の賃料(以下、本間において「本件賃料」という。)をAに支払う旨の契約(以下、本間において「本件契約」という。)を締結した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているもののみの組合せはどれか。
ア 本件契約は、土地や建物内の住戸の使用を目的とするものではなく、建物の一部である屋上部分の使用を目的とするものであるので、使用貸借である。

イ 本件賃料を第三者Cが支払う旨の契約は、AとCの間のみで締結することはできず、A・B・Cの三者間において締結されなければならない。

ウ 本件賃料を第三者Cも重畳的に負担する旨の契約は、Bの意思に反しても、AとCの間のみの契約で締結することができる。

エ AのBに対する本件賃料債権は、5年間行使しないときは、時効によって消滅する。

1 ア・イ 2 ア・エ 3 イ・ウ 4 ウ・エ

【問4】マンションの管理組合A(以下、本問において「A」という。)は、B会社(以下、本問において「B」という。)との間で、Bが、当該マンションの屋上に広告塔を設置して使用し、その対価として毎月5万円の賃料(以下、本間において「本件賃料」という。)をAに支払う旨の契約(以下、本間において「本件契約」という。)を締結した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているもののみの組合せはどれか。

ア 本件契約は、土地や建物内の住戸の使用を目的とするものではなく、建物の一部である屋上部分の使用を目的とするものであるので、使用貸借である
× 賃貸借は有償で、使用貸借は無償の契約である。すなわち毎月5万円の賃料が発生するため賃貸借である。

イ 本件賃料を第三者Cが支払う旨の契約は、AとCの間のみで締結することはできずA・B・Cの三者間において締結されなければならない
× 第三者弁済は、原則自由にすることができる。例外として債務者に意思に反するときはできないが、債務者の意思に反しなければAとCのみで契約できる。

ウ 本件賃料を第三者Cも重畳的に負担する旨の契約は、Bの意思に反してもAとCの間のみの契約で締結することができる
〇 債務の引き受けには免責的引受と重畳(ちょうじょう)的引受の2種類がある。違いは、免責的引受は債務者に債務が残らず引受人がその債務を得るのに対し、重畳的引受では債務者にも依然として債務は残る。
これはすなわち保証みたいなものと考えると分かりやすい。保証は、保証人と債権者との契約で、主債務とは別個の契約であるため、債務者の意思は関係ない。これと同じと考えて、重畳的債務引受は債務者の意思に反してもできる。

エ AのBに対する本件賃料債権は、5年間行使しないときは、時効によって消滅する。
〇 年又はこれより短い時期によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権(定期債権から発生する支分権たる債権。定期給付債権、賃料債権や管理費債権のこと)については、5年の短期消滅時効期間となる。

1 ア・イ
2 ア・エ
3 イ・ウ
4 ウ・エ

正解 1

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。