平成26年問36 区分所有法 共用部分


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年

【問36】共用部分の管理に関する次の記述のうち、区分所有法によれば最も不適切なものはどれか。

1 共用部分のうち、一部の区分所有者のみに供されることが明らかな部分(以下、本問において「一部共用部分」という。)は、それらの者の管理に服する。
2 一部共用部分に関する事項であっても、当該部分が区分所有者全員の利害に関係する部分である場合には、規約にその定めがなくても区分所有者全員で管理する。
3 一部共用部分に関する事項で、区分所有者全員の利害に関係しないものは、これを共用すべき区分所有者の規約によって管理することができるが、区分所有者全員の規約に別段の定めをすれば、区分所有者全員で管理できる。
4 1棟の建物に設置された1基のエレベーターの管理を区分所有者全員で管理することはできるが、その旨を規約で定めておかなければならず、費用負担に階差を設けなければならない。

【問36】共用部分の管理に関する次の記述のうち、区分所有法によれば最も不適切なものはどれか。

1 共用部分のうち、一部の区分所有者のみに供されることが明らかな部分(以下、本間において「一部共用部分」という。)は、それらの者の管理に服する

〇 一部共用部分の管理は、一部共用部分の所有者で行うのが原則である。

2 一部共用部分に関する事項であっても、当該部分が区分所有者全員の利害に関係する部分である場合には、規約にその定めがなくても区分所有者全員で管理する。

〇 肢1の例外規定。一部共用部分でも区分所有者全員の利害に関係する部分は、区分所有者全員で管理する。

3 一部共用部分に関する事項で、区分所有者全員の利害に関係しないものは、これを共用すべき区分所有者の規約によって管理することができるが、区分所有者全員の規約に別段の定めをすれば、区分所有者全員で管理できる

〇 肢1の例外規定。一部共用部分でも規約で別段の定めをすれば、区分所有者全員で管理できる。

4 1棟の建物に設置された1基のエレベーターの管理を区分所有者全員で管理することはできるが、その旨を規約で定めておかなければならず、費用負担に階差を設けなければならない
× エレベーターは共用部分であり、区分所有者全員の利害に関係する場合は、規約で定める必要もなく当然に区分所有者全員の管理となる。また、費用をさだめるにあたり使用頻度は勘案しないため階差を設けてはならない。

正解 4


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。