平成26年問28 設備 ガラス


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年

【問28】建築用板ガラスに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 合わせガラスは、2枚のガラスをスペーサーで一定の間隔に保ち、その周囲を封着材で密閉し、内部に乾燥空気を満たしたガラスである。
2 強化ガラスは、ガラスを加熱したのち、急冷して、耐風圧強度を高めたガラスである。
3 複層ガラスは、2枚以上のガラスを特殊な合成樹脂フィルムで接着したガラスである。
4 フロート板ガラスは、熱の通しやすさに関しては複層ガラスと同等である。

【問28】建築用板ガラスに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 合わせガラスは、2枚のガラスをスペーサーで一定の間隔に保ち、その周囲を封着材で密閉し、内部に乾燥空気を満たしたガラスである。

× これは複層ガラス。合わせガラスは、複数の板ガラスの間に樹脂などの中間膜を挟み、接着したガラスのこと。対貫通性・耐衝撃性に優れている(刑事ドラマなどで銃弾を受けても貫通しない車のガラス)

2 強化ガラスは、ガラスを加熱したのち、急冷して、耐風圧強度を高めたガラスである。

〇 

3 複層ガラスは、2枚以上のガラスを特殊な合成樹脂フィルムで接着したガラスである。

× これは合わせガラス・

4 フロート板ガラスは、熱の通しやすさに関しては複層ガラスと同等である。

× フロート板ガラスは、複層ガラスより熱を通しやすい。
正解 2


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。