平成26年問26 設備 排水管の洗浄方法


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年

【問26】排水管の洗浄方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 高圧洗浄法の前方噴射タイプには、洗浄機能に加えて自走機能がある。
2 塩化ビニール管にスネークワイヤ法を適用すると、その曲り部分が削られる危険性がある。
3 ロッド法は、主に敷地排水管に適用され、排水ますから器具を挿入して作業する。
4 化学的洗浄法は、機械的洗浄法が適用しにくい場合に用いるのがよい。

【問26】 排水管の洗浄方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 高圧洗浄法前方噴射タイプには、洗浄機能に加えて自走機能がある
× 高圧洗浄機または高圧洗浄車からホースで導水しホースの先端に取り付けられたノズルから噴射する高速噴流により管内付着・堆積物等を除去する方法。後方噴射タイプは自走機能がある。前に噴射すると進むことができないが、後方噴射なら進むことができるため
2 塩化ビニール管にスネークワイヤ法を適用すると、その曲り部分が削られる危険性がある。
〇 スクリュー形、ブラシ形等のヘッドが先端に取り付けられたワイヤーを排水管内に回転させながら挿入し、押し引きを繰り返しながら、管内停滞・付着物等を除去するものである。塩化ビニール管は、安価で軽いが材質は弱いためワイヤーがあたると削れる可能性がある。

3 ロッド法は、主に敷地排水管に適用され、排水ますから器具を挿入して作業する。

〇 ロッド法は1.0〜1.8[m]程度のロッド(長い棒)を繋ぎ合せて、手動で排水管内に挿入するものである。この方法は敷地排水管や雨水敷地排水管に適用され、排水桝から挿入して作業する。

4 化学的洗浄法は、機械的洗浄法が適用しにくい場合に用いるのがよい。

〇 化学的洗浄方法は機械的洗浄方法が適用しにくい場合など、非常手段的に用いられる。例えばアルカリ性洗浄剤は、苛性ソーダまたは苛性カリを主剤とし、台所・洗面所・浴室床排水等の排水横枝管に適用される。
正解 1


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。