平成26年問22 設備 建築基準法


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
【問22】建築基準法における面積・高さなどの算定方法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
1 がけ地、川、線路敷地等に沿う道路のうち特定行政庁が指定する幅員4m未満の道路において、当該がけ地等の境界線から道の側に4mまでの部分は、敷地面積に算入されない。
2 自動車車庫の床面積は、当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計(同一敷地内に2以上の建築物がある場合においては、それらの建築物の各階の床面積の合計の和)に5分の1を乗じて得た面積を限度として、延べ面積には算入されない。
3 地階で、地盤面上1.5m以下にある部分は、建築面積に算入されない。
4 階段室、昇降機塔などの建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が、当該建築物の建築面積の8分の1以内の場合、その部分の高さは、建築物の高さに算入されないことがある。

【問22】建築基準法における面積・高さなどの算定方法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 がけ地、川、線路敷地等に沿う道路のうち特定行政庁が指定する幅員4m未満の道路において、当該がけ地等の境界線から道の側に4mまでの部分は、敷地面積に算入されない。

〇 セットバック。両側に土地があれば道路の中心線から2mだが、片側にしか土地がないのでこうなる。

2 自動車車庫の床面積は、当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計(同一敷地内に2以上の建築物がある場合においては、それらの建築物の各階の床面積の合計の和)に5分の1を乗じて得た面積を限度として、延べ面積には算入されない。

〇 

3 地階で、地盤面上1.5m以下にある部分は、建築面積に算入されない

× 1m。容積率にも似た規定がある。

4 階段室、昇降機塔などの建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が、当該建築物の建築面積の8分の1以内の場合、その部分の高さは、建築物の高さに算入されないことがある。

〇 
正解 3

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。