平成26年問19 設備 セントラル給湯


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年

【問19】住戸セントラル給湯方式用熱源機器に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 自然冷媒ヒートポンプ給湯機とは、冷媒にフロンなどを使用せずに、二酸化炭素を利用したヒートポンプ給湯機である。
2 潜熱回収型ガス給湯機とは、従来のガス給湯機の燃焼ガス排気部に給水管を導き、燃焼時に熱交換して昇温してから、これまでと同様に燃焼部へ水を送り再加熱するものである。
3 電力を利用した自然冷媒ヒートポンプ給湯機の加熱効率(COP)(加熱量[kWh]/ヒートポンプ入力電力量[kWh])は年間平均でほぼ1である。
4 東日本大震災で貯湯式の給湯設備に被害が多かったことから告示改正が行われ、人が危害を受けるおそれのない場合等を除き、設置場所、満水時の質量、アスペクト比ごとに、建築物の部分等に固定するアンカーボルトの種類・本数などが規定された。

【問19】住戸セントラル給湯方式用熱源機器に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 自然冷媒ヒートポンプ給湯機とは、冷媒にフロンなどを使用せずに、二酸化炭素を利用したヒートポンプ給湯機である。

〇 

2 潜熱回収型ガス給湯機とは、従来のガス給湯機の燃焼ガス排気部に給水管を導き、燃焼時に熱交換して昇温してから、これまでと同様に燃焼部へ水を送り再加熱するものである。

〇 

3 電力を利用した自然冷媒ヒートポンプ給湯機の加熱効率(COP(加熱量[kWh]/ヒートポンプ入力電力量[kWh])は年間平均でほぼ1である。

× 3倍

4 東日本大震災で貯湯式の給湯設備に被害が多かったことから告示改正が行われ、人が危害を受けるおそれのない場合等を除き、設置場所、満水時の質量、アスペクト比ごとに、建築物の部分等に固定するアンカーボルトの種類・本数などが規定された。

〇 
正解 3

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。