平成26年問17 設備 建築基準法


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年

【問17】特殊建築物等の内装に関する制限(以下、本問において「内装制限」という。)に関する次の記述のうち、建築基準法(昭和25年法律第201号)によれば、正しいものはどれか。

1 国土交通大臣が定めたもの又は国土交通大臣の認定を受けたものである不燃材料・準不燃材料・難燃材料において、不燃性能に関して難燃材料は不燃材料に含まれる。
2 内装制限を受けるのは、床・壁・天井であり、床に対する基準が最も厳しいものとなっている。
3 耐火建築物の共同住宅で、400�u以内ごとに準耐火構造の床、壁又は建築基準法第2条第9号の2ロに規定する防火設備で区画されている住戸にある居室には、内装制限が適用されない。
4 屋内避難階段及び特別避難階段の階段室の天井及び壁の室内に面する部分は、不燃材料で仕上げをし、かつ、その下地も不燃材料で造らなければならない。

【問17】特殊建築物等の内装に関する制限(以下、本問において「内装制限」という。)に関する次の記述のうち、建築基準法(昭和25年法律第201号)によれば、正しいものはどれか。

1 国土交通大臣が定めたもの又は国土交通大臣の認定を受けたものである不燃材料・準不燃材料・難燃材料において、不燃性能に関して難燃材料は不燃材料に含まれる

× それぞれ要求時間に応じて、燃焼せず、防火上有害な変形、溶融、亀裂など損傷を生じず、避難上有害な煙・ガスを発生しないものが定められている。不燃材料の要求時間は20分、準不燃材料の要求時間は10分、難燃材量の要求時間は5分。すなわち不燃材料は難燃材料であると言えるが、難燃材料(5分で燃え尽きる)は不燃材料(20分で燃え尽きる)とは言えない。

2 内装制限を受けるのは・壁・天井であり、床に対する基準が最も厳しいものとなっている。

× そもそも床は内装制限を受けない。

3 耐火建築物の共同住宅で、400�u以内ごとに準耐火構造の床、壁又は建築基準法第2条第9号の2ロに規定する防火設備で区画されている住戸にある居室には、内装制限が適用されない

× 200�u

4 屋内避難階段及び特別避難階段の階段室の天井及び壁の室内に面する部分は、不燃材料で仕上げをし、かつ、その下地も不燃材料で造らなければならない

〇 
正解 4

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。