平成26年問16 消費税


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
【問16】管理組合の活動に係る消費税に関する次の記述のうち、消費税法(昭和63年法律第108号)の規定によれば、正しいものはどれか。

1 管理組合が大規模修繕を行う際に、銀行からその費用の一部を借り入れたが、その弁済金の元金部分には消費税は課税されないが、その支払利息部分には消費税は課税される。
2 消費税法上、管理組合が納税義務者かどうかを判断する場合の、基準期間における課税売上高には、組合員から収受する駐車場収入が含まれる。
3 消費税法上、非法人の管理組合は納税義務者とはならないが、管理組合法人は納税義務者となる。
4 管理組合の支出のうち、火災保険料等の損害保険料は非課税であるので、消費税の課税対象とはならない。
【問16】管理組合の活動に係る消費税に関する次の記述のうち、消費税法(昭和63年法律第108号)の規定によれば、正しいものはどれか。

1 管理組合が大規模修繕を行う際に、銀行からその費用の一部を借り入れたが、その弁済金の元金部分には消費税は課税されないが、その支払利息部分には消費税は課税される

× 利息には消費税は課されない。

2 消費税法上、管理組合が納税義務者かどうかを判断する場合の、基準期間における課税売上高には組合員から収受する,駐車場収入が含まれる

× 組合員から収受する収入は含まれない。

3 消費税法上、非法人の管理組合は納税義務者とはならないが、管理組合法人は納税義務者となる。

× 管理組合であろうが管理組合法人であろうが、課税売上高があれば納税義務者となる。

4 管理組合の支出のうち、火災保険料等の損害保険料は非課税であるので、消費税の課税対象とはならない

〇 
正解 4


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。