平成26年問15 仕訳


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
【問15】管理組合の活動における以下の取引に関して、平成26年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しており、支払保険料についても毎月初めに当月発生額を費用計上しているものとする。

(取引)当管理組合は、保険期間を5年、保険料支払方法を年払いとする「修繕積立保険」に加入しており、平成25年6月30日に平成25年7月1日から平成26年6月末までの期間1年分の保険料1,800,000円を管理組合名義の普通預金から支払っている。なお、当該保険料の内訳は、以下のとおりである。

1 .危険保険料(危険保険部分)年額   900,000円
2 .積立保険料(修繕積立部分)年額   900,000円
                         修繕積立保険料合計1,800,000円
(注)「修繕積立保険」とは、マンションの共用部分の火災等による補償と修繕費用の積立ての2つの目的を1つの保険に組み込んだ、マンション管理組合向けの積立型商品

【問15】管理組合の活動における以下の取引に関して、平成26年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しており、支払保険料についても毎月初めに当月発生額を費用計上しているものとする。

(取引)当管理組合は、保険期間を5年、保険料支払方法を年払いとする「修繕積立保険」に加入しており、平成25年6月30日に平成25年7月1日から平成26年6月末までの期間1年分の保険料1,800,000円を管理組合名義の普通預金から支払っている。なお、当該保険料の内訳は、以下のとおりである。

1 .危険保険料(危険保険部分)年額   900,000円
2 .積立保険料(修繕積立部分)年額   900,000円
                         修繕積立保険料合計1,800,000円
(注)「修繕積立保険」とは、マンションの共用部分の火災等による補償と修繕費用の積立ての2つの目的を1つの保険に組み込んだ、マンション管理組合向けの積立型商品

ちゃんとした解き方
7月に払い込んだ保険の内、危険保険部分は掛捨てであるため保険料部分は前払保険料となる。修繕積立部分は満期になるか保険事故があるかなどの保険金支払いがない限りは、取崩さないため保険積立金となる。
7月 前払保険料825,000円 / 普通預金1,800,000円
    支払保険料  75,000円
    積立保険金900,000円 
7月以降は、毎月前払保険料が当月支払保険料の分だけ消えていくことになる(3月も同じ)。
7月以降 支払保険料75,000円 / 前払保険料75,000円



3月 支払保険料75,000円 / 前払保険料75,000円

簡単な解き方
そもそも3月には普通預金は支払っていないため、肢1と 肢3はおかしい。また保険積立金は保険金支払いがない限りは、取崩さないため肢4もおかしい。残るのは肢2

正解 2

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。