平成26年問14 仕訳


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
【問14】管理組合の活動における以下の取引に関して、平成26年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しているものとする。

(取引)
平成25年12月に、非常階段に錆が発生していることが判明し、業者に依頼し平成26年1月下旬から同年3月にかけて非常階段の塗装を行った。塗装工事費全体は、3,000,000円であるが、支払条件に従って着手金として1,000,000円を1月29日に、中間金として1,000,000円を2月末日に普通預金から支払った。3月25日に塗装工事が完了し、残金を4月25日に普通預金から支払うことを工事業者と合意した。

【問14】管理組合の活動における以下の取引に関して、平成26年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しているものとする。

(取引)
平成25年12月に、非常階段に錆が発生していることが判明し、業者に依頼し平成26年1月下旬から同年3月にかけて非常階段の塗装を行った。塗装工事費全体は、3,000,000円であるが、支払条件に従って着手金として1,000,000円を1月29日に、中間金として1,000,000円を2月末日に普通預金から支払った。3月25日に塗装工事が完了し、残金を4月25日に普通預金から支払うことを工事業者と合意した。

発生状況
1月100万円の支払い
2月100万円の支払い
3月工事の完成
4月 100万円の支払い

ちゃんとした解き方(仕分けの推定)
厳格な発生主義によれば、工事の完成時に発生したと考えるため、1月2月はまだ発生していない。そのため、前払い金で処理する。
1月 前払金100万円 / 普通預金100万円
2月 前払金100万円 / 普通預金100万円
3月に工事が完成しているため修繕費が発生。また前払金は修繕費に使われる。足りない100万円は未払金である。
3月 修繕費300万円 / 前払金200万円
               / 未払金100万円

簡単な解き方
普通預金を支払うので右に300万円が入る。左は対応する勘定科目を書くが元の価格より上昇するのではなく維持をするための工事なので修繕費である。
修繕費300万円 / 普通預金等300万円
普通預金等の所を、2月以前に支払ったものは前払金、4月以降に支払うものは未払金に代える。

修繕費300万円 / 前払金200万円
            / 未払金100万円

正解 4

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。