平成26年問12 会計


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
【問12】管理組合の会計等に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約及びマンション標準管理規約コメント(単棟型)(平成16年1月23日国総動第232号・国住マ第37号。国土交通省総合政策局長・同住宅局長通知。以下、「マンション標準管理規約」という。)の定めによれば、最も適切なものはどれか。

1 管理組合の会計年度の開始後、通常総会において収支予算の承認を得るまでの間に、通常の管理に要する経費のうち、経常的であり、かつ、通常総会において収支予算の承認を得る前に支出することがやむを得ないものについては、理事長はその権限によって支出することができる。
2 管理組合は、通常の管理に要する経費の支払いに不足が生じた場合であっても、借入れをすることができない。
3 会計処理に関する規約の変更は、総会の決議を経なければならないが、その使用細則の変更は、理事会の決議だけで足りる。
4 収支予算及び事業計画は、総会の決議を経なければならないが、収支決算及び事業報告は、理事会の決議だけで足りる。

【問12】管理組合の会計等に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約及びマンション標準管理規約コメント(単棟型)(平成16年1月23日国総動第232号・国住マ第37号。国土交通省総合政策局長・同住宅局長通知。以下、「マンション標準管理規約」という。)の定めによれば、最も適切なものはどれか。

1 管理組合の会計年度の開始後、通常総会において収支予算の承認を得るまでの間に、通常の管理に要する経費のうち、経常的であり、かつ、通常総会において収支予算の承認を得る前に支出することがやむを得ないものについては、理事長はその権限によって支出することができる。

× 理事長は理事会の承認を得て支出することができるので誤り。なお前半の文言は正しい。

2 管理組合は、通常の管理に要する経費の支払いに不足が生じた場合であっても、借入れをすることができない

〇 管理費は借入できない。そのかわり総会の承認なしで、区分所有者に請求できる。

3 会計処理に関する規約の変更は、総会の決議を経なければならないが、その使用細則の変更、理事会の決議だけで足りる

× 規約の変更も使用細則の変更も、総会の決議が必要

4 収支予算及び事業計画は、総会の決議を経なければならないが、収支決算及び事業報告は、理事会の決議だけで足りる

× 予算も決算も総会の決議が必要。
正解 2


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成26年
SNSでも購読できます。