平成25年問32 マンション標準管理規約 専有部分・共用部分


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問32】マンションの専有部分と共用部分に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約によれば、最も適切なものはどれか。

1 各住戸の玄関扉の内部塗装部分及び窓ガラスの内側部分は専有部分である。
2 雑排水管及び汚水管については、配管枝管から配管継手部分までが専有部分である。
3 給水管については、本管から各住戸メーターを含む部分までが共用部分である。
4 メーターボックス内にある給湯器ボイラーは共用部分である。

【問32】マンションの専有部分と共用部分に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約によれば、最も適切なものはどれか。

標準管理規約 別表2
共用部分の範囲

1 エントランスホール、廊下、階段、エレベーターホール、エレベーター室、共用トイレ、屋上、屋根、塔屋、ポンプ室、自家用電気室、機械室、受水槽室、高置水槽室、パイプスペース、メーターボックス(給湯器ボイラー等の設備を除く。)、内外壁、界壁、床スラブ、床、天井、柱、基礎部分、バルコニー等専有部分に属さない「建物の部分」
2 エレベーター設備、電気設備、給水設備、排水設備、消防・防災設備、インターネット通信設備、テレビ共同受信設備、オートロック設備、宅配ボックス、避雷設備、集合郵便受箱、各種の配線配管(給水管については、本管から各住戸メーターを含む部分、雑排水管及び汚水管については、配管継手及び立て管)等専有部分に属さない「建物の附属物」
3 管理事務室、管理用倉庫、清掃員控室、集会室、トランクルーム、倉庫及びそれらの附属物

1 各住戸の玄関扉の内部塗装部分及び窓ガラスの内側部分専有部分である。
× 玄関扉の内部と総部分は専有部分であるが、窓ガラスの内側部分は専有部分に含まれない(共用部分になる)。

標準管理規約 (専有部分の範囲)
第7条 対象物件のうち区分所有権の対象となる専有部分は、住戸番号を付した住戸とする。
2 前項の専有部分を他から区分する構造物の帰属については、次のとおりとする。
一 天井、床及び壁は、躯体部分を除く部分を専有部分とする。
二 玄関扉は、錠及び内部塗装部分を専有部分とする。
三 窓?及び窓ガラスは、専有部分に含まれないものとする。

2 雑排水管及び汚水管については、配管枝管から配管継手部分までが専有部分である。
× 共用部分である。

標準管理規約 別表2より抜粋
共用部分の範囲
各種の配線配管(雑排水管及び汚水管については、配管継手及び立て管)

3 給水管については、本管から各住戸メーターを含む部分までが共用部分である。
〇 共用部分である。

標準管理規約 別表2より抜粋
共用部分の範囲
各種の配線配管(給水管については、本管から各住戸メーターを含む部分)

4 メーターボックス内にある給湯器ボイラー共用部分である。
× 専有部分である。

標準管理規約 別表2より抜粋
共用部分の範囲
メーターボックス(給湯器ボイラー等の設備を除く。)

正解 3

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。