平成25年問27 設備 長期修繕計画


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問27】マンション標準管理規約のコメントにおける長期修繕計画の内容に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 既存マンションの長期修繕計画は、計画期間が25年程度以上であることが必要である。
2 計画修繕の対象となる工事として、外壁補修、屋上防水、給排水管取替え、窓及び玄関扉等の開口部の改良等が掲げられ、各部位ごとに修繕周期、工事金額等が定められていることが必要である。
3 長期修繕計画の作成又は変更及び修繕工事の実施の前提として、劣化診断(建物診断)を管理組合として併せて行うことが必要である。
4 長期修繕計画の内容については、定期的な(おおむね10年程度ごとに)見直しをすることが必要である。

【問27】マンション標準管理規約のコメントにおける長期修繕計画の内容に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 既存マンションの長期修繕計画は、計画期間25年程度以上であることが必要である。
〇 

マンション標準管理規約(単棟型)コメント 
�A 長期修繕計画の内容としては次のようなものが最低限必要である。
1 計画期間が25年程度以上であること。なお、新築時においては、計画期間を30年程度にすると、修繕のために必要な工事をほぼ網羅できることとなる。

2 計画修繕の対象となる工事として、外壁補修、屋上防水、給排水管取替え、窓及び玄関扉等の開口部の改良等が掲げられ、各部位ごとに修繕周期、工事金額等が定められていることが必要である。
〇 

マンション標準管理規約(単棟型)コメント 
�A 長期修繕計画の内容としては次のようなものが最低限必要である。
2 計画修繕の対象となる工事として外壁補修、屋上防水、給排水管取替え、窓及び玄関扉等の開口部の改良等が掲げられ、各部位ごとに修繕周期、工事金額等が定められているものであること。

3 長期修繕計画の作成又は変更及び修繕工事の実施の前提として、劣化診断(建物診断)を管理組合として併せて行うことが必要である。
〇 

マンション標準管理規約(単棟型)コメント 
�B 長期修繕計画の作成又は変更及び修繕工事の実施の前提として、劣化診断(建物診断)を管理組合として併せて行う必要がある。

4 長期修繕計画の内容については、定期的な(おおむね10年程度ごとに)見直しをすることが必要である。
× 5年ごとの見直し

マンション標準管理規約(単棟型)コメント 
�A 長期修繕計画の内容としては次のようなものが最低限必要である。
3 全体の工事金額が定められたものであること。また、長期修繕計画の内容については定期的な(おおむね5年程度ごとに)見直しをすることが必要である。

正解 4


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。