平成25年問25 設備 コンクリート


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問25】コンクリートに関する次の記述のうち、建築工事標準仕様書・同解説(JASS 5)によれば、最も適切なものはどれか。

1 コンクリートの計画供用期間とは、建築物の計画時又は設計時に、建築主又は設計者が設定する、建築物の予定供用期間であり、3つの級が設定されている。
2 空気量とは、硬化後のコンクリートに含まれる空気(骨材内部の空気は含まない)の容積のコンクリート容積に対する百分率をいう。
3 運搬とは、フレッシュコンクリートを工事現場の荷卸し地点から打込み地点まで運ぶことをいう。
4 品質基準強度とは、構造体の要求性能を得るために必要とされるコンクリートの圧縮強度であり、通常、設計基準強度と耐久設計基準強度を確保するために、コンクリートの品質の基準として定める強度である。

【問25】コンクリートに関する次の記述のうち、建築工事標準仕様書・同解説(JASS 5)によれば、最も適切なものはどれか。

1 コンクリートの計画供用期間とは、建築物の計画時又は設計時に、建築主又は設計者が設定する、建築物の予定供用期間であり、3つの級が設定されている。
× 4つ。一般・標準・長期・超長期がある。超長期は2009年改定で追加された。
2 空気量とは、硬化後のコンクリートに含まれる空気(骨材内部の空気は含まない)の容積コンクリート容積に対する百分率をいう。
× 硬化前のフレッシュ状態のときに使う。コンクリート中のセメントペースト又はモルタル部分に含まれる空気泡の容積の、コンクリート全容積に対する百分率。ただし、骨材内部の空気は含まない。
(自信ないです、もう少し調べてみます)
3 運搬とは、フレッシュコンクリート工事現場の荷卸し地点から打込み地点まで運ぶことをいう。
× 工場から工事現場の荷卸しまで運ぶこと。
4 品質基準強度とは、構造体の要求性能を得るために必要とされるコンクリートの圧縮強度であり、通常、設計基準強度と耐久設計基準強度を確保するために、コンクリートの品質の基準として定める強度である。
〇 

正解 4


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。