平成25年問22 設備 遮音


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問22】マンションの遮音に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 音の伝わり方には、固体伝搬音と空気伝搬音がある。
2 床衝撃音の遮音性能を評価する衝撃源として重量衝撃源と軽量衝撃源があり、子供の椅子からの飛び降りは、軽量衝撃源に分類される。
3 界壁の遮音等級D値は、その値が大きいほど遮音性能が高い。
4 床衝撃音の遮音等級L値は、その値が大きいほど遮音性能が低い。

【問22】マンションの遮音に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 音の伝わり方には、固体伝搬音と空気伝搬音がある。
〇 
空気伝搬音とは、楽器等の音源から放出された音が空気中を伝わっていく音。空気伝搬音は距離減衰によって、音源から離れるほどレベルが減衰するが、さらに塀などの遮蔽物によっても減衰します。
固体伝搬音とは、振動源から発生した振動が床スラブなどを振動して伝わり受音室の壁などを振動させて空気中に音として放射する音。
空気伝搬音と固体伝搬音
2 床衝撃音の遮音性能を評価する衝撃源として重量衝撃源と軽量衝撃源があり、子供の椅子からの飛び降りは軽量衝撃源に分類される。
× 重量衝撃音に分類される。軽量衝撃音はガラスのコップが割れる音。
3 界壁の遮音等級D値は、その値が大きいほど遮音性能が高い
〇 D値とは、空気音の遮音を表す数値である。
遮音性能D値
4 床衝撃音の遮音等級L値は、その値が大きいほど遮音性能が低い
〇 L値とは、上階の衝撃音が下階で聞える大きさを示す数値である。

遮音性能L値
正解 2


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。