平成25年問21 設備 定期調査


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問21】共同住宅の各種調査、検査、報告の義務に関する次の記述のうち、建築基準法、消防法によれば、正しいものはどれか。

1 建築基準法第12条第1項に掲げる建築物の定期調査及び同条第3項に掲げる昇降機以外の建築設備の定期調査は、一級建築士若しくは二級建築士でなければ行うことができない。
2 建築基準法第12条第1項に掲げる特殊建築物の定期調査は、5年に1回実施しなければならない。
3 建築基準法第12条第3項に掲げる昇降機の定期検査は、3年に1回実施しなければならない。
4 消防用設備等の点検の結果についての報告は、3年に1回実施しなければならない。

【問21】共同住宅の各種調査、検査、報告の義務に関する次の記述のうち、建築基準法、消防法によれば、正しいものはどれか。

1 建築基準法第12条第1項に掲げる建築物の定期調査及び同条第3項に掲げる昇降機以外の建築設備の定期調査は、一級建築士若しくは二級建築士でなければ行うことができない
× 一級建築士若しくは二級建築士又は国土交通大臣が定める資格を有する者にその状況の調査させることができる。

(報告、検査等)
第十二条  第六条第一項第一号に掲げる建築物その他政令で定める建築物(国、都道府県及び建築主事を置く市町村の建築物を除く。)で特定行政庁が指定するものの所有者(所有者と管理者が異なる場合においては、管理者。第三項において同じ。)は、当該建築物の敷地、構造及び建築設備について、国土交通省令で定めるところにより、定期に、一級建築士若しくは二級建築士又は国土交通大臣が定める資格を有する者にその状況の調査(当該建築物の敷地及び構造についての損傷、腐食その他の劣化の状況の点検を含み、当該建築物の建築設備についての第三項の検査を除く。)をさせて、その結果を特定行政庁に報告しなければならない。

2 建築基準法第12条第1項に掲げる特殊建築物の定期調査は、5年に1回実施しなければならない。
× 特殊建築物は2年又は3年ごとに1回
3 建築基準法第12条第3項に掲げる昇降機の定期検査は、3年に1回実施しなければならない。
× 昇降機の定期検査は1年に1回実施する。
4 消防用設備等の点検の結果についての報告は、3年に1回実施しなければならない。
〇 6ヶ月に1回機器点検を1年に1回総合点検を実施し、3年に1回報告する。

正解 4

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。