平成25年問17 設備 建築基準法

管理業務主任者(管業、業務主任)
年度別過去問 平成25年

【問17】用語の定義に関する次の記述のうち、建築基準法(昭和25年法律第201号)によれば、誤っているものはどれか。

1 主要構造部に、最下階の床は含まれない。
2 構造耐力上主要な部分に、屋根版は含まれない。
3 耐水材料に、れんがは含まれる。
4 地階とは、床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの3分の1以上のものをいう。

【問17】用語の定義に関する次の記述のうち、建築基準法(昭和25年法律第201号)によれば、誤っているものはどれか。

1 主要構造部に、最下階の床は含まれない。
〇 明文上の規定はないものの、『安全、防火及び衛生に関わる最も重要な構成部分であろう』と推測される。例えば防火の観点から言えば最下階の床があろうがなかろうが、他のところは結局燃えてしまうので重要ではないのであろう。

建築基準法 (用語の定義)
第二条  この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
五  主要構造部 壁、柱、床、はり、屋根又は階段をいい、建築物の構造上重要でない間仕切壁、間柱、附け柱、揚げ床、最下階の床、廻り舞台の床、小ばり、ひさし、局部的な小階段、屋外階段その他これらに類する建築物の部分を除くものとする。

2 構造耐力上主要な部分に、屋根版は含まれない。
× 屋根版とは、屋根を葺(ふ)くのに用いる板の総称。構造耐力上主要な部分に含まれる。

建築基準法施行令
第一条
三 構造耐力上主要な部分
基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材(筋かい、方づえ、火打材その他これらに類するものをいう。)、床版、屋根版又は横架材(はり、けたその他これらに類するものをいう。)で、建築物の自重若しくは積載荷重、積雪荷重、風圧、土圧若しくは水圧又は地震その他の震動若しくは衝撃を支えるものをいう。

3 耐水材料に、れんがは含まれる。
〇 

建築基準法施行令
第一条
四  耐水材料 れんが、石、人造石、コンクリート、アスファルト、陶磁器、ガラスその他これらに類する耐水性の建築材料をいう。

4 地階とは、床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの3分の1以上のものをいう。
〇 
http://www.geocities.jp/nakd2008/info-info-e/groundfloor.gif

建築基準法施行令
第一条
二  地階 床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの三分の一以上のものをいう。

正解 2

管理業務主任者(管業、業務主任)
年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。