平成25年問15 簿記・会計 仕訳


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問15】管理組合の活動における以下の取引に関して、平成25年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しているものとする。

平成25年管理業務主任者 問15 問題

平成25年管理業務主任者 問15 選択肢

【問15】管理組合の活動における以下の取引に関して、平成25年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しているものとする。

平成25年管理業務主任者 問15 問題

平成25年管理業務主任者 問15 選択肢

情報の整理

(1)から(4)は平成25年3月末まで予定通りに完了あるいは納入しているが、
これらの工事の支払いに関しては、(1)及び(2)は同年3月末に普通預金から全額を支払い、
→発生もしているし、普通預金から支払っている。
**** / 普通預金 443,000
(1)共用非常照明修理工事
(2)排水管塗装工事
→どちらも修繕費である。

修繕費 443,000 / 普通預金 443,000

(1)から(4)は平成25年3月末まで予定通りに完了あるいは納入しているが、
(3)及び(4)は同年4月末日支払いの予定である。
→発生はしているが、未払いである。
**** / 未払金 693,000
(3)壁補修工事
→修繕費である。
(4)防犯カメラ取替(取付費含む)
→什器備品である。

修繕費    21,000 / 未払金 693,000
什器備品 670,000

(5)、(6)及び(7)の工事等は同年3月末現在、未だ完了していない。
(5)、(6)及び(7)は工事費等の一部である2,500,000円を手付金として同年3月末日に普通預金から支払った。
普通預金から支払いをしているため、
**** / 普通預金 2,500,000
未だ完了していないので、発生していない。
→前払金である。
前払金 2,500,000 / 普通預金 2,500,000

全部をまとめて書くと
修繕費 (443,000 + 21,000) / 普通預金 (443,000 + 2,500,000)
什器備品 670,000         / 未払金 693,000
前払金 2,500,000

修繕費  464,000 / 普通預金 2,943,000
什器備品 670,000 / 未払金        693,000
前払金 2,500,000

正解 1


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。