平成25年問14 マンション標準管理規約 修繕積立金


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年

【問14】修繕積立金に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約の定めによれば、最も不適切なものはどれか。

1 修繕積立金の保管及び運用方法を決めるには、総会の決議によらなければならない。
2 長期修繕計画の作成等のために劣化診断(建物診断)に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。
3 管理組合は、共用部分等に係る火災保険料については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。
4 共用設備の保守、維持及び運転に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。

【問14】修繕積立金に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約の定めによれば、最も不適切なものはどれか。

1 修繕積立金の保管及び運用方法を決めるには、総会の決議によらなければならない。
〇 

標準管理規約 (議決事項)
第48条 次の各号に掲げる事項については、総会の決議を経なければならない。
八 修繕積立金の保管及び運用方法

2 長期修繕計画の作成等のために劣化診断(建物診断)に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない
× 管理費・修繕積立金のどちらからでも充当できる。

標準管理規約コメント 第32条関係
�C 長期修繕計画の作成又は変更に要する経費及び長期修繕計画の作成等のための劣化診断(建物診断)に要する経費の充当については、管理組合の財産状態等に応じて管理費又は修繕積立金のどちらからでもできる。ただし、修繕工事の前提としての劣化診断(建物診断)に要する経費の充当については、修繕工事の一環としの経費であることから、原則として修繕積立金から取り崩すこととなる。

3 管理組合は、共用部分等に係る火災保険料については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない
〇 管理費から充当する。

(管理費)
第27条 管理費は、次の各号に掲げる通常の管理に要する経費に充当する。
五 共用部分等に係る火災保険料その他の損害保険料

4 共用設備の保守、維持及び運転に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない
〇 管理費から充当する。

(管理費)
第27条 管理費は、次の各号に掲げる通常の管理に要する経費に充当する。
三 共用設備の保守維持費及び運転費

正解 2

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成25年
SNSでも購読できます。