平成21年問27 設備・建物 窓サッシの改修方法


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成21年

C【問 27】 窓サッシの改修方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 カバー工法とは、既存のサッシの枠を残し、当該サッシ枠の外側に新規建具を設置する工法であり、既存サッシより開口寸法を大きくできることがある。
2 サッシの改修は、一般的に共用部分の工事となるが、既存サッシの内側に新規サッシを設置して二重サッシとする場合には、専有部分の工事となることがある。
3 引抜き工法とは、油圧工具又はジャッキ等で既存のサッシを枠ごと撤去して新しいサッシと交換する工法である。
4 ノンシール工法は、主に便所や浴室などの比較的小型のサッシに採用される。

【問 27】 窓サッシの改修方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 カバー工法とは、既存のサッシの枠を残し、当該サッシ枠の外側に新規建具を設置する工法であり、既存サッシより開口寸法を大きくできることがある
× カバーを付けるのだから小さくなる。
2 サッシの改修は、一般的に共用部分の工事となるが、既存サッシの内側に新規サッシを設置して二重サッシとする場合には、専有部分の工事となることがある
〇 
http://www.ykkap.co.jp/reform/residence/window/images/point1_tabconts01.jpg
3 引抜き工法とは、油圧工具又はジャッキ等で既存のサッシを枠ごと撤去して新しいサッシと交換する工法である。
〇 
4 ノンシール工法は、主に便所や浴室などの比較的小型のサッシに採用される。
〇 

正解 1
 

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成21年
SNSでも購読できます。