平成17年問23 設備・建物 排水


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成17年

【問 23】 マンションの排水管に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 排水立て管は、どの階においても、最下部の最も大きな排水負荷を負担する部分の管径と、同一管径でなければならない。
2 排水横管の勾配は、施工上可能な限り、急勾配とすることが望ましい。
3 排水管の最小管径は、20mm以上としなければならない。
4 排水横管の管径は、一般に勾配により決定する。

【問 23】 マンションの排水管に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 排水立て管は、どの階においても、最下部の最も大きな排水負荷を負担する部分の管径と、同一管径でなければならない。
〇 
2 排水横管の勾配は、施工上可能な限り、急勾配とすることが望ましい
× 急勾配とすると、水は勢いよく流れるが固形物が流れなくなる。そのためどのくらい勾配させるかはきまっており、少なくとも急勾配とすることが望ましいとは言えない。
3 排水管の最小管径は、20mm以上としなければならない
× 最小管径は、勾配・流量により定められるので、一概に何mmというわけではない
4 排水横管の管径は、一般に勾配により決定する。
× 勾配により管径が決まるのではなく、管径や他の要素により勾配が決定する。
正解 1 

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成17年
SNSでも購読できます。