平成16年問6 民法 保証


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問 6】 保証に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1  保証債務は、主たる債務者と保証人との間で、主たる債務者が債務の履行ができない場合に、保証人がこれに代わって履行をすることを約することによって生じる。
2  保証人は、その保証債務についてのみ違約金や損害賠償の額の約定をすることができる。
3  保証債務の範囲には、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償を包含しない。
4  保証人は、催告の抗弁権及び検索の抗弁権を有するが、連帯保証人は、催告の抗弁権のみを有し、検索の抗弁権は有しない。

【問 6】 保証に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1  保証債務は、主たる債務者と保証人との間で、主たる債務者が債務の履行ができない場合に、保証人がこれに代わって履行をすることを約することによって生じる。
× 保証契約は、債権者と保証との間で契約を行う。
2  保証人は、その保証債務についてのみ違約金や損害賠償の額の約定をすることができる。
〇 利息などにも違約金や損害賠償の額を約定できる。
3  保証債務の範囲には、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償を包含しない
× 主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償を包含する。
4  保証人は、催告の抗弁権及び検索の抗弁権を有するが、連帯保証人は、催告の抗弁権のみを有し、検索の抗弁権は有しない。
× 連帯保証人には、催告の抗弁権も検索の抗弁権もない。

正解 2

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。