平成16年問5 民法 売買


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問 5】 AとBとの間で、Aの所有する建物について売買契約が締結された場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1  AB間の特約がないかぎり、Aの建物引渡債務とBの売買代金支払債務とは、Aの建物引渡債務が先履行の関係に立つ。
2  Bによる売買代金の支払いが弁済期になされない場合において、Aは、その履行を催告することなく、直ちに売買契約を解除することができる。
3  Aによる建物の引渡しが履行期になされない場合において、Bは、売買契約の解除をしたときでも、損害賠償の請求をすることができる。
4  Aによる建物の引渡しが履行期になされない場合において、Bは、裁判所に建物の引渡しの強制履行の請求をしたときには、損害賠償の請求をすることはできない。

【問 5】 AとBとの間で、Aの所有する建物について売買契約が締結された場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1  AB間の特約がないかぎり、Aの建物引渡債務とBの売買代金支払債務とは、Aの建物引渡債務が先履行の関係に立つ。
× 同時履行の関係になる。
2  Bによる売買代金の支払いが弁済期になされない場合において、Aは、その履行を催告することなく、直ちに売買契約を解除することができる。
× 債務不履行の履行遅滞は、相当の期間を定めて催告し、その間に履行されないときは解除できる。
3  Aによる建物の引渡しが履行期になされない場合において、Bは、売買契約の解除をしたときでも、損害賠償の請求をすることができる
〇 解除と損害賠償は、別にもできるし共にもできる。
4  Aによる建物の引渡しが履行期になされない場合において、Bは、裁判所に建物の引渡しの強制履行の請求をしたときには、損害賠償の請求をすることはできない
× 履行の請求と損害賠償は、別にもできるし共にもできる。

解 3

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。