平成16年問4 民法 時効


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問 4】 時効に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1  消滅時効が完成し、時効が援用されて権利が消滅すると、その権利は最初から生じなかったものとされる。
2  時効が中断しても、その中断の事由が終了したときは、その終了の時から再び時効は進行する。
3  地上権や地役権は、20年間、これらの権利が行使されないときには、時効によって消滅する。
4  地上権や地役権は、自己のためにする意思をもって平穏かつ公然にこれらの事実上の権利の行使が継続されても、時効により権利が取得されることはない。

【問 4】 時効に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1  消滅時効が完成し、時効が援用されて権利が消滅すると、その権利は最初から生じなかったものとされる
〇 この規定があるので消滅するのは元金だけでなく、利息・損害賠償も発生しないことになる。
2  時効が中断しても、その中断の事由が終了したときは、その終了の時から再び時効は進行する。

3  地上権や地役権は20年間、これらの権利が行使されないときには、時効によって消滅する。

4  地上権や地役権は、自己のためにする意思をもって平穏かつ公然にこれらの事実上の権利の行使が継続されても、時効により権利が取得されることはない
× 上記の条件を満たせば、時効取得できる。

正解 4

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。