平成16年問3 民法 契約


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問 3】 契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、最も適切なものはどれか。

1  私人間の契約は、民法で定める13種類の契約に限って認められ、それ以外の契約は無効である。
2  民法で定める13種類の契約は、いずれも諾成契約であり、要物契約とされているものはない。
3  贈与は、贈与者と受贈者の合意のみで成立する諸成契約である。
4  使用貸借における物の借主は、その物と種類、品等及び数量の同じ物を返還する義務を負う。

【問 3】 契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、最も適切なものはどれか。

1  私人間の契約は、民法で定める13種類の契約に限って認められそれ以外の契約は無効である。
× 契約は自由に作ることができる。
2  民法で定める13種類の契約は、いずれも諾成契約であり、要物契約とされているものはない
× 要物契約としては、使用貸借・消費貸借・寄託がある。
3  贈与は、贈与者と受贈者の合意のみで成立する諸成契約である。

4  使用貸借における物の借主は、その物と種類、品等及び数量の同じ物を返還する義務を負う。
× その目的物自体を返す必要がある。この記述は使用貸借である。

正解 3

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。