平成16年問2 民法 委任


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問 2】 委任契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 委任契約は、契約当事者間の信頼関係を基礎としているから、受任者は、自ら事務の処理をしなければならない。
2 委任契約においては、受任者の請求があれば、委任者は、いつでも事務の処理に要する費用を前払いしなければならない。
3 受任者が自己の過失によらず委任事務を処理するについて損害を受けたときは、委任者はその賠償をする義務を負う。
4 委任契約において、受任者が委任者にとって不利な時期に当該契約を解除したときには、受任者は、委任者に生じた損害を賠償しなければならないが、委任者が受任者にとって不利な時期に当該契約を解除したときには、委任者は、受任者に生じた損害を賠償する必要はない。

【問 2】 委任契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 委任契約は、契約当事者間の信頼関係を基礎としているから、受任者は、自ら事務の処理をしなければならない。

2 委任契約においては、受任者の請求があれば、委任者は、いつでも事務の処理に要する費用を前払いしなければならない。

3 受任者が自己の過失によらず委任事務を処理するについて損害を受けたときは、委任者はその賠償をする義務を負う。

4 委任契約において、受任者が委任者にとって不利な時期に当該契約を解除したときには、受任者は、委任者に生じた損害を賠償しなければならないが委任者が受任者にとって不利な時期に当該契約を解除したときには、委任者は、受任者に生じた損害を賠償する必要はない
× 解除はいつでもできるが、相手方の不利な時期に解除するときは損害を賠償しなければならない。これは委任者・受任者ともに負っている。

正解 4


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。